サービス利用規約

HELPOサービス利用規約

HELPOサービス利用規約(以下「本規約」といいます。)は、ヘルスケアテクノロジーズ株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する本サービス(第1条(定義)に規定します。)を利用する 全ての方(以下、「利用者」といいます。)に適用される条件を定めたものです。 本サービスを利用する場合は、本規約の内容を必ず事前にご確認いただき、ご同意の上ご利用ください。本規約にご同意いただくことができない場合は、 本サービスを利用することはできません。利用者は常に本規約の最新版をご確認ください。

第1条(定義)

  1. 本サービスとは、当社が「HELPO」の名称の下で提供する、オンラインでの健康医療相談、病院検索及びHELPOモール等の各種機能を利用することができるサービスの総称をいいます。
  2. 「健康医療相談」は、利用者が相談した内容に対し、当社に属する医師・看護師・薬剤師(但し、当社が業務委託契約を含む契約を締結している者を含みます。) の医療専門職を含むチーム(以下「健康医療相談チーム」といいます。)が一般的な医学的情報の提供や一般的な受診勧奨を行うサービスをいいます。なお、このうち、医薬品に関する薬剤師への相談サービスを、「健康医療相談」と区別して「薬剤師相談」といいます(薬剤師相談に対応する薬剤師を「対応薬剤師」といいます。)。「健康医療相談」及び「薬剤師相談」は、厚生労働省の定める「オンライン診療の適切な実施に関する指針」の「遠隔健康医療相談(医師以外)」の範囲内で実施します。
  3. 「病院検索」は、診療科などの情報から地図上で病院の位置を検索するサービスをいいます。
  4. 「HELPOモール」は、当社が本サービスで提供するショッピングサービスをいいます。
  5. 当社は理由の如何を問わず、利用者に事前の告知をすることなく、本サービスの内容の一部又は全部の変更及び追加をすることができるものとします。 当社は、本項に基づき当社が行った措置により利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第2条(本規約の適用)

  1. 本規約は、本サービスの利用に関する当社と利用者との間の権利義務関係を定めることを目的とし、利用者と当社の間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
  2. 本規約は、他の口頭又は書面による合意に優先するものとします。本規約に優先する旨を特記した書面による合意は、本規約に優先するものとします。
  3. 当社は、利用者の事前の承諾を得ることなく、本規約を変更することがあります。この場合には、本サービスの提供条件は変更後の「HELPOサービス利用規約」によるものとします。
  4. 利用者は、常に自身の責任で、本サービスを利用する前に本規約の最新版を読み、本規約に同意の上、本サービスを利用するものとします。利用者が本サービスを利用した場合、本規約に同意して利用したものとみなすものとします。
  5. その他、当社が本サービスのサイト内で提示する利用上の諸注意、利用に関する説明、ガイドライン等が存在する場合、同諸注意等は本規約の一部を構成及び補完するものとします。本規約の条項と諸注意等の条項が異なる場合には、本規約の条項が優先して効力を有するものとします。

第3条(サービスの利用について)

健康医療相談等の利用について

  1. 当社の健康医療相談及び薬剤師相談は、厚生労働省の定める「オンライン診療の適切な実施に関する指針」の「遠隔健康医療相談(医師以外)」の範囲内で実施いたします。「遠隔健康医療相談(医師以外)」では、相談者の個別的な状態を踏まえた疾患のり患可能性の提示・診断等の医学的判断を行うことができません。利用者は自らの責任において本サービスを利用し、医療機関の受診や薬の服用等は、自身の判断で行うものとします。
  2. 当社は、本健康医療相談及び薬剤師相談において迅速なサービス提供を心掛けます。
  3. 健康医療相談は、健康医療相談チームが対応します。ただし、医療専門職以外の者が対応する場合もあります。
  4. 当社の健康医療相談及び薬剤師相談は、当社が作成したナレッジデータベース(以下「ナレッジデータベース」といいます)に基づき提供します。当社は、ナレッジデータベースの定期的な更新に努めていますが、情報は最新でない場合があります。
  5. 健康医療相談チーム及び対応薬剤師の回答は、ナレッジデータベースの他、株式会社法研が運営するウェブサイトの一部のテキスト・画像・動画をもとに提供する場合があります。回答の閲覧にあたっては、株式会社法研のサイトポリシー(https://katei-igaku.jp/about/)を同意したものとみなします。
  6. 健康医療相談及び薬剤師相談の利用可能時間帯は、サービス画面内に表示します。

病院検索サービスの利用について

  1. 病院検索サービスは、診療科などの情報から地図上で病院の位置を検索するサービスです。
  2. 病院検索サービスは、ミーカンパニー株式会社より提供を受けた情報を利用しています。
  3. 病院検索サービスは医療機関に関する情報の正確性を担保するものではありません。
  4. 病院検索サービスで提供する情報は最新ではない場合があります。
  5. 病院検索サービスは、日本国内の居住者ないし滞在者が、日本国内の医療機関を検索する目的で提供します。
  6. 病院検索サービスを利用いただく場合、自動車、オートバイ、自転車等の運転中又は歩行中の操作又は画面の注視は避け、安全な場所に停車又は立ち止まってご利用ください。 また、自動車やオートバイ等の運転中に本サービスの操作又は情報端末の画面を注視すると道路交通法その他の法令に違反する可能性があります。
  7. 病院検索サービスを利用する場合、必ず実際の信号機、道路標識、道路標示その他の交通規制及び道路状況に従ってください。
  8. 交通規制に係る情報は、原則、普通自動車のみを対象としたものであり、大型自動車、自動二輪車等を対象としたものではありません。
  9. 歩行者天国の実施、冬季中の閉鎖、時間帯による交通規制等により、実際には通行できない道路を通行可能な道路として表示、案内等することがあります。

HELPOモールの利用について

  1. HELPOモール上で表示された配送可能地域に限り、商品の配送が可能です。
  2. 一般用医薬品の購入時または購入後の適切な情報提供及び相談に関しては、販売店舗に在籍する専門家にお問い合わせください。

第4条(ユーザー登録)

  1. 利用希望者は、本規約に同意し、当社の提供するHELPOアプリ上でユーザー登録の手続に従って利用を申し込むものとし、当社がこれを承諾した時点で本サービスの利用に関する契約(以下、「本契約」といいます。)が締結され、利用者となるものとします。ただし、当社が利用希望者にユーザー登録に要する要件(当社と第三者の間に締結された利用希望者に関する別の契約等によって定められる要件を含む)を満たさない又はユーザー登録の内容に不備又は虚偽等があると判断した場合、事前の告知・理由の開示無く、これを承諾しないことができるものとします。
  2. 本契約の解除は、利用者が当社の提供する退会手続に従って退会を申し込むものとし(アカウントの解約)、当社がこれを承諾した時点で本契約が解除されるものとします。
  3. 利用者は、本契約の終了後は利用者としての一切の権利を放棄するものとします。自身がした相談内容においても、本契約の終了後は相談内容及び健康医療相談チームや対応薬剤師からの回答を閲覧することは一切できないものとします。また、当社は、利用者による相談内容(相談及び回答)、ユーザー情報その他の情報を運営上一定期間保存していた場合であっても、かかる情報を保存する義務を負うものではなく、当社はいつでもこれらの情報を削除できるものとし、再契約をした場合であっても、当社はこれらの情報を復元させる義務を負わないものとします。
  4. 利用者は、ユーザー登録により享受しうる権利について、譲渡、貸与、名義変更、担保供与、その他第三者の利用に供する行為をすることはできないものとします。
  5. 本サービスの利用に必要な端末やソフトウェア、通信にかかる一切の準備と費用については、利用者の自己責任と自己負担において行うものとします。利用者が未成年の場合、親権者または後見人の承諾を得た上で、本サービスを利用するものとします。また、当社は、本サービス内で購入可能な商品、利用可能なサービスまたは付帯サービスに年齢制限をかける場合があります。

第5条(HELPOモールを利用した購入及び支払方法等)

  1. 利用者がHELPOモールで行うショップとの取引は、すべて利用者とショップとの間で直接に行われます。当社は、取引の当事者とはならず、当該取引に関する責任は負いません。
  2. HELPOモールにて商品注文後、注文受領確認と注文内容を記載した電子的通知を当社より提供します。利用者からの注文は、商品購入についての契約(以下、「売買契約」といいます。)の申込となります。商品が発送されたことを知らせる電子的通知を当社から提供する時点で、当該商品の売買契約が成立します。
  3. 利用者は、ショップ指定の期日までに、注文時に選択した支払方法により、商品代金等の支払いを済ませるものとします。当該期日までに利用者による支払いがない場合、当該申し込みに基づく売買契約は、自動的に解除されることがあります。
  4. HELPOモールで購入されたすべての商品は、商品を配送業者に引き渡した時点で、その商品に関する所有権は利用者に移ります。
  5. 利用者がショップに対し行った商品の注文及び成立した売買契約の解除については、HELPOモール上で確認できる注文のステータスが出荷後に変更される前であれば行うことができます。
  6. 利用者による申し込みの撤回、売買契約の解除および商品の返品・交換(以下、これらを総称して「返品等」といいます。)については、ショップが別途定める条件に従い、ショップが対応いたします。
  7. 到着した商品の破損や種類又は数量の誤り等、利用者に帰責性のない事由を理由とする返金の申し出が利用者からあった場合、当社から利用者に対し返金を行うことがあります。ただし、利用者が種類や数量を誤って注文した場合等、当社やショップに帰責性が認められない事由を理由とする返金の申し出は受け付けません。

第6条(登録情報・個人情報の取り扱い)

  1. 利用者は、メールアドレスその他、当社に登録している登録情報に変更が生じた場合は、当社が提供する手続により、速やかに当社に届け出るものとします。
  2. 当社は、利用者の個人情報について、当社のプライバシーポリシーに基づき取り扱うものとします。また利用者は、当該プライバシーポリシーに従って当社が個人情報を取扱うことについて同意するものとし、これに異議を述べないものとします。
  3. パートナー企業を含む第三者のサービスの利用に付随して提供された利用者情報の管理については、当該第三者の責任において行われるものとします。
  4. 利用者自身がユーザー登録情報(氏名、ニックネーム、住所、電話番号及びメールアドレス)の削除を希望する場合、当社の提供する手続に従って削除を申し込むものとし、当社がこれを承諾した時点で上記ユーザー登録情報が削除されます。これにより上記以外の情報は特定個人が識別できないよう匿名化され、この時削除されたデータは二度と復元できません。但し、システムの都合上、削除の手続が完了してから、その手続が実際に反映されるまで所定の時間が必要な場合があり、利用者はこれを承諾するものとします。
  5. 利用者の希望により本サービスとパートナー企業提供サービスとのプラグイン連携を行う場合、対象ユーザー特定のため、当該パートナー企業に対してシステムID(システム上自動生成されるランダムな文字列でユーザーには公開されない情報です)を提供することがあります。
  6. 当社は、利用者より収集した本サービスにかかる評点及び評価コメントを含むアンケート結果を、個人が特定できない形に加工改変のうえ、当社の営業資料やサービス案内等に掲載し、又は利用実績として提供することがあります。
  7. 当社は、本サービスの契約法人(自己の業務従事者等に利用させる目的で、当社との間で本サービスの利用契約を締結した法人又は団体等をいうものとし、以下同様とします。)との合意に基づき、当該契約法人の業務従事者等による本サービスの登録状態(本サービスへの登録の有無をいい、以下同様とします)の報告のため、ユーザー登録情報を利用し、また、登録状態の報告に必要な限りにおいて、ユーザー登録情報を契約法人に提供することがあります。なお、当社は、本規約又は当社のプライバシーポリシーに定める場合もしくは利用者の承諾がある場合を除き、利用者による健康医療相談及び薬剤師相談等のサービスの利用状況やその内容を個人を特定可能な形で開示提供することはありません。
  8. 当社は、本規約又は当社のプライバシーポリシーに定める場合、若しくは別途利用者の承諾がある場合を除き、利用者の個人情報を第三者に提供することはありません。

第7条(本サービスの停止等)

  1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。
    1. 本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
    2. コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
    3. 火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
    4. その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合
  2. 当社は、当社の都合により、本サービスの提供を終了することができます。この場合、当社は利用者に事前に通知するものとします。
  3. 当社は、本条に基づき当社が行った措置により利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第8条(利用者資格の取消等)

  1. 利用者が以下の各号の一に該当する場合、当社は事前に通知することなく、直ちに利用資格を取り消し、一方的に本契約を終了させることができるものとします。
    1. 利用登録に要する要件(当社と法人顧客の間に締結された利用希望者に関する別の契約等によって定められる要件を含む)を具備していない又は具備しなくなる見込みがある場合
    2. 第12条で定める禁止行為を行った場合
    3. 第10条第4項で定める不適切な相談を行った場合
    4. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    5. ユーザー情報に虚偽の事実があることが判明した場合
    6. 利用者において、決済を利用する上で必要となる契約が解除された場合
    7. 本規約又はサイト内に提示するルールやマナーに違反した場合
    8. 当社、他の利用者又は第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用した、又は利用しようとした場合
    9. 手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合
    10. 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味する。以下同じ)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
    11. SNSを始めインターネット上への本サービスに関する情報や写真等を掲載する行為を行なった場合
    12. その他利用者として不適切と当社が判断した場合
  2. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、利用者は、当社に対して負っている一切の債務について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。なお、当社は既に支払われた料金等を一切払い戻ししないものとします。
  3. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。
  4. 本契約が終了した場合、利用者は、当社の指示に基づき、当社から提供を受けた本サービスに関連するソフトウェア、マニュアルその他の物につき、返還、廃棄その他の処分を行うものとします。

第9条(健康医療相談等の回答に関する責任範囲)

  1. 本サービスにおける健康医療相談および薬剤師相談は、厚生労働省の定める「オンライン診療の適切な実施に関する指針」の「遠隔健康医療相談(医師以外)」の範囲内で実施するものであり、健康医療相談チームや対応薬剤師による回答はあくまで一般的な医学的情報の提供や、一般的な受診勧奨を目的としており、診療・診断又はこれに準ずる行為はサービス内容に含まないものとします。利用者は自己の責任において本サービスを利用し、医療機関の受診や薬の服用等は、自身の判断で行うものとします。
  2. 本サービスの利用、相談に対する回答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも、当社はそれに対し一切の責任を負うことができません。
  3. 利用者は、本サービスの利用にあたり、健康医療相談や薬剤師相談に回答する健康医療相談チームや対応薬剤師の対応者を指名することはできず、また、実際に回答した対応者個人の情報の開示を求めることはできないものとします。

第10条(健康医療相談等の相談に関する責任範囲)

  1. 利用者は、本サービスで相談する内容とその影響・結果に対し一切の責任を負うものとし、当社に何等の迷惑及び損害を与えないものとします。
  2. 利用者は、本規約に違反することにより、又は本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対しその損害を賠償しなければなりません。
  3. 本サービスの利用に関連して、利用者が他の利用者又は第三者に対して損害を与えた場合、又は利用者が他の利用者又は第三者と紛争を生じた場合、当該利用者は自己の費用と責任で解決するものとし、当社に何等の迷惑及び損害を与えないものとします。利用者による本サービスの利用に関連して、当社が、他の利用者又は第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合は、利用者は当該請求に基づき当社が当該第三者に支払を余儀なくされた金額を賠償しなければなりません。
  4. 本サービスにおいて、利用者が、以下の内容で当社が不適切と判断する相談をした場合、当社は事前の予告や理由の開示無く、相談内容の一部又は全部の削除ができるものとします。また、当該相談をした利用者に対し、相談内容の制限や利用資格の取消しなどの措置を取ることができるものとします。また、これらの削除などの措置は当社において義務を負うものではなく、利用者が相談した不適切な相談が削除されなかったことにより、他の利用者又は第三者に発生した損害について、一切責任を負わないものとします。
    1. 本規約のいずれかの条項に違反し又は違反するおそれのある内容
    2. 当社、他の利用者又は第三者を誹謗中傷し、他人のプライバシーを侵害し又はそれらのおそれのある内容
    3. 当社、他の利用者又は第三者の財産や権利を侵害し又は侵害するおそれのある内容
    4. 当社、他の利用者又は第三者に損害を与え又は与えるおそれのある内容
    5. 当社、他の利用者又は第三者の個人情報を公開し又はそのおそれのある内容
    6. 公の秩序や善良の風俗に反し又はこれらに反するおそれのある内容
    7. 同一又は類似の内容を過度に繰り返す内容
    8. 法令に違反し又は違反するおそれのある内容
    9. その他、当社が一部又は全部を削除すべき必要があると判断した内容
  5. 当社は、前項に基づき当社が行った措置により利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第11条(著作権等)

  1. 本サービスに関する知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含む)を意味する)の全ては、当社又は当社に知的財産権の使用を許諾している者(以下、「知的財産権者」といいます。)に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の譲渡又は使用許諾を意味するものではありません。利用者は、いかなる理由によっても知的財産権者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含むが、これらに限定されない)をしないものとし、利用者は、知的財産権者の許諾を得ないで、いかなる方法においても本サービスを通じて提供されるいかなるコンテンツ及び情報も、著作権法で定める利用者個人の私的使用の範囲外の使用をすることはできないものとします。
  2. 利用者は、知的財産権者の許諾を得ないで、いかなる方法においても、第三者をして本サービスを通じて提供されるいかなる情報も使用させたり、公開させたりすることはできないものとします。

第12条(禁止事項)

  1. 利用者は、本サービスの利用にあたって以下の行為を行ってはならないものとします。
    1. 当社、他の利用者又は第三者の知的財産権その他の権利を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
    2. 当社、他の利用者又は第三者の財産若しくはプライバシーを侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
    3. 個人の実名、メールアドレス、住所、電話番号など個人情報を公開する行為、又はそのおそれのある行為
    4. 罵詈雑言等、当社、他の利用者又は第三者を誹謗中傷する行為、又はそのおそれのある行為
    5. 当社、他の利用者又は第三者の名誉や信用を毀損する、若しくはそれらを助長する行為、又はそのおそれのある行為
    6. 当社、他の利用者又は第三者に嫌悪感を与える行為、又はそのおそれのある行為
    7. 民族的、人種、信条、性別、社会的身分若しくは門地等による差別、その他差別につながる行為、又はそのおそれのある行為
    8. 当社、他の利用者又は第三者に不利益若しくは経済的損害、精神的損害を与える行為、又はそれらのおそれのある行為
    9. 公序良俗に反する行為若しくはそのおそれのある行為、又は公序良俗に反する情報を他の利用者、当社若しくは第三者に提供する行為
    10. 暴力表現、違法活動への勧誘、又はそのおそれのある行為
    11. 犯罪的行為若しくは犯罪的行為に結びつく行為、又はそのおそれのある行為
    12. 自殺又は死を誘発する行為、又はそのおそれのある行為
    13. ストーキング行為等、方法の如何を問わず嫌がらせをする行為、又はそのおそれのある行為
    14. 猥褻な情報又は青少年に有害な情報を送信する行為、又はそのおそれのある行為
    15. 異性交際に関する情報を送信する行為、又はそのおそれのある行為
    16. 選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動又はこれに類似する行為
    17. 事実に反する、又はそのおそれのある情報を提供する行為
    18. 当社の承認なく、本サービスを通じて、若しくは本サービスに関連して営利を目的とした行為、又はその準備を目的とした行為
    19. 本サービス又は当社の信用を毀損する行為、又はそのおそれのある行為
    20. 本サービスの運営を妨げる行為、又はそのおそれのある行為
    21. メールアドレス、パスワード、又は招待コードを不正に使用する行為
    22. 他人になりすまして本サービスを利用する行為(自分以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらず会社などの組織の代表者や代理人を名乗ったり又は他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりする行為)
    23. 特定個人名、施設名等、個人の特定につながる情報の掲載行為、又はそのおそれのある行為
    24. コンピューターウィルス等有害なプログラムを、本サービスを通じて、又は本サービスに関連して使用し、若しくは提供する行為
    25. いわゆる「スパム」あるいは大量メールの書き込み、作成、又は頒布をする行為
    26. 画像、動画、音楽、ソフトウェアなどのファイルダウンロード専用を目的としたリンクの作成や、他のページ(本サービス内外を問わず)へのリンクを投稿するためだけに本サービスを利用する行為
    27. 勧誘あるいは広告の掲載行為
    28. 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、又はこれを勧誘する行為
    29. 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に違反する、健康食品や健康器具の効能をうたう行為
    30. その他、商用行為に該当する行為
    31. その他、法令に違反する、又は違反するおそれのある行為
    32. SNSを始めインターネット上への本サービスに関する情報や写真等を掲載する行為
    33. その他、当社が不適切と判断する行為
  2. 当社は、本サービスにおける利用者の行為が前項各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると当社が判断した場合には、利用者に事前に通知することなく、情報の全部又は一部の削除、本サービスの利用の停止、利用者資格の取消又は本契約を解除することができるものとします。当社は、本項に基づき当社が行った措置により利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第13条(免責)

  1. 当社は本サービスの内容、及び利用者が本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行わないものとします。
  2. 当社はいかなる場合にも、利用者に対して、本サービスにおいて提供される情報の誤り、不正確、脱漏、欠陥、遅延等に基づく損害に対して、いかなる責任も負わないものとします。
  3. 利用者は、請求の原因を問わず、本サービスに関連して回答を行う健康医療相談チームや対応薬剤師に対し損害賠償請求その他の請求を行わないものとします。但し、回答を行う健康医療相談チームや対応薬剤師が故意に利用者に損害を生じさせた場合はこの限りではないものとします。
  4. 利用者の入力したデータその他の情報の誤りに起因して、利用者に損害が生じた場合でも、当社は当該損害について一切の責任を負いません。
  5. 利用者が当社から直接又は間接に、本サービス、本サービスの他の利用者その他の事項に関する何らかの情報を得た場合であっても、当社は利用者に対し本規約において規定されている内容を超えて如何なる保証も行うものではありません。
  6. 本サービスに関連して利用者と他の利用者又は第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、利用者の責任において処理及び解決するものとし、当社はかかる事項について一切責任を負いません。
  7. 本サービスから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから本サービスへのリンクが提供されている場合でも、当社は、本サービス以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関して如何なる理由に基づいても一切の責任を負わないものとします。
  8. 本サービスの提供、遅滞、変更、中止若しくは廃止、本サービスを通じて登録、提供される情報等の流失若しくは消失等、又はその他本サービスに関連して発生した利用者の損害について、当社は本規約にて明示的に定める以外、一切責任を負わないものとします。消費者契約法の適用その他の理由により当社が利用者に対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の賠償責任は、損害の事由の生じた時点から遡って過去6ヶ月間に当社が現実に受領した本サービスの利用料金の総額を上限とします。

第14条(秘密保持)

  1. 本規約において「秘密情報」とは、本契約又は本サービスに関連して、利用者が、当社より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知り得た、当社の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。但し、以下に該当するものは、秘密情報から除外するものとします。
    1. 当社から提供若しくは開示がなされたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は既に知得していたもの
    2. 当社から提供若しくは開示又は知得した後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの
    3. 提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの
    4. 秘密情報によることなく単独で開発したもの
    5. 当社から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたもの
  2. 利用者は、秘密情報を本サービスの利用の目的のみに利用するとともに、当社の書面による承諾なしに第三者に当社の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。
  3. 第2項の定めにかかわらず、利用者は、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を当社に通知しなければなりません。
  4. 利用者は、秘密情報を記載した文書又は磁気記録媒体等を複製する場合には、事前に当社の書面による承諾を得ることとし、複製物の管理については第2項に準じて厳重に行うものとします。
  5. 利用者は、当社から求められた場合にはいつでも、遅滞なく、当社の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物及びその全ての複製物を返却又は廃棄しなければなりません。

第15条(本規約の譲渡等)

  1. 利用者は、当社の書面による事前の承諾なく、本契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  2. 当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに利用者の登録情報その他の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第16条(存続規定)

第9条から第11条まで、13条、14条、17条並びに18条の規定は本契約の終了後も有効に存続するものとします。

第17条(準拠法)

本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

第18条(協議・管轄)

  1. 本サービスに関連して、利用者と当社の間で問題が生じた場合には、利用者と当社で誠意をもって協議するものとします。
  2. 本サービスに関連して、利用者と当社との間で訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とするものとします。


ワクチン接種予約機能 特約

「ワクチン接種予約機能特約」(以下、「本特約」といいます。)は、新型コロナウイルス感染症の発症予防及び重症化リスクの低減を目的とした、国及び地方自治体による新型コロナウイルスワクチン接種事業の一環として実施される新型コロナウイルスワクチン接種(以下、「本ワクチン接種」といいます。)における、職域ワクチン接種等の予約・接種履歴管理等の機能(以下、「本特約機能」といいます。)を利用する全ての者(以下、「本特約利用者」といいます。)に適用される特約であり、他の規約・契約等に優先して適用されます。なお、本特約に定めのない事項については、「HELPOサービス利用規約」に準じるものとし、同規約において定義された用語は、別段の定めがない限り、本特約においても同様の意味で用いるものとします。
また、本ワクチン接種における会場の手配、接種予約、接種方法の案内及びワクチン接種完了に至るワクチン接種運営全体は、当社を含む複数の法人やその他団体等が関与することにより提供されます(以下、当該ワクチン接種運営に関与する法人やその他団体等を、以下、総じて「機会提供者等」といいます。)。機会提供者等は、予め当社及び機会提供者等間で合意した機会提供者等の従業員やその他関係者等(以下、総じて「従業員等」といいます)に対して本特約機能の利用に必要な符号等を周知するものとし、当該符号等の周知を受けた従業員等が当該符号を所定の手続きで本アプリ内で登録し、本特約機能を通じて本ワクチン接種の予約を行った場合に、当該特約利用者に対して本ワクチン接種が行われます。

第1条(本特約機能の利用について)

本特約機能は、職域ワクチン接種におけるワクチン接種予約・受付・オンライン予診支援・接種履歴管理等の機能を提供します。
本特約機能の利用にあたり、利用者は機会提供者等より本機能を利用するために必要な符号等の情報を取得し、当該符号を利用者のHELPOアプリ上で所定の方法にて入力することで本機能が利用できます。
本機能において提示される同意事項への同意を以って、本特約にも同意し本機能を利用するものとします。
本特約機能は、ワクチンの入荷状況や機会提供者等の判断等により、利用者に事前に通知することなく提供を終了する場合があります。
尚、本ワクチン接種を受けるにはご本人の同意が必要であり、強制されるものではありません。職場や周囲の方などに接種を強制したり、 強引に勧めたりすることがないようにご留意ください。

第2条(個人情報の取り扱い)

  1. 当社は、個⼈情報保護法及びその他の個⼈情報保護を⽬的とする関連法令等、⾏政機関が定める個⼈情報保護に関するガイドライン並びに当社が定めるプライバシーポリシーに従って、本ワクチン接種を通じて知り得た利⽤者及び利⽤者のワクチン接種状況、並びに利⽤者のその他の個⼈情報(以下「本個⼈情報」といいます。)を適切に管理します。
  2. 当社は、本ワクチン接種で取得する本個⼈情報を以下の目的で機会提供者等と共同利用します。なお、以下、本規約に基づき本個人情報を共同利用する者を「共同利用者」といいます。
    (共同利用)
    利用目的 本ワクチン接種の予約・受付業務等の⽀援及び接種状況管理並びに本ワクチン接種における利⽤者の安全確保のため。
    共同利用する者の範囲 ソフトバンク株式会社、福岡ソフトバンクホークス株式会社、SB新型コロナウイルス検査センター株式会社、SBアットワーク株式会社
    共同利用する本個人情報の項目 ⽒名・生年月日・電話番号・メールアドレス・郵便番号・住所・社員番号・予約番号・接種予約⽇時・接種会場・予診実施状況・ワクチン接種状況・ワクチン接種完了時間・接種後体調情報・ワクチンロット情報
    共同利用に際しての管理責任者 ヘルスケアテクノロジーズ株式会社
  3. 当社は、個⼈情報保護法及びその他の個⼈情報保護を⽬的とする関連法令等により許される場合を除き、上記以外の⽬的での情報提供は⼀切⾏いません。

第3条(免責)

  1. 次の各号に定める事項については、当社並びに機会提供者等(本ワクチン接種をはじめとする医療行為を行う医療機関を除く)は一切の責任を負わないものとします。(但し、当社並びに機会提供者等(本ワクチン接種をはじめとする医療行為を行う医療機関を除く)の故意又は重大な過失による場合はこの限りではありません。)
    1. 本サービスに起因する生命又は身体上の被害に係る係争
    2. 医療機関によるワクチン接種等医療行為に関する一切の係争
    3. 本特約に定める条件に違反する態様での本ワクチン接種に関連する情報及びデータの利用に起因する係争
    4. 第三者の知的財産権の侵害に係る紛争
  2. 当社並びに機会提供者等(本ワクチン接種をはじめとする医療行為を行う医療機関を除く)は、次の各号に定める事由により、利用者等に発生した損害について、責任を負いません。
    1. 本特約機能の利用者が、自らの都合により本ワクチン接種を中止・変更したとき
    2. 本特約機能を通した予約において、本ワクチン接種を行う各医療機関が、自らの都合により本ワクチン接種を中止・変更したとき
    3. 本ワクチン接種を行う各医療機関の故意⼜は過失を問わず、医療過誤が発生したとき
  3. 当社は、本特約機能の利用者が、以下のいずれかの事由に該当し、⼜は該当するおそれがあると判断した場合、事前の通知なく当該利用者に対して当該行為の中止を求め、⼜は本特約機能の利用停止措置や予約内容の抹消を実施する場合があります。当社は、当該措置により、本特約機能の利用者に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。
    1. 本特約機能に入力した情報の全部⼜は一部につき虚偽⼜は不正確な事実があるとき
    2. 不法行為を行い、⼜は法令等に違反したとき
    3. 当社の信用を毀損し、⼜は当社の営業を妨害する行為を行ったとき
    4. その他当社が本特約機能の利用者として相応しくないと判断する行為を行ったとき
  4. 本特約機能の利用⼜は内容の変更によって利用者に生じた損害について、当社に故意⼜は重過失がある場合を除き、当社は一切の責任を負わないものとします。
  5. 本特約機能の利用に際し、プロバイダー等の第三者⼜はシステムのトラブル等により、本特約機能の利用に支障が生じ、⼜は予約内容の消滅、変更等の支障が生じた場合であっても、 当社は責任を負わないものとします。
  6. 本特約機能の利用者が、本機能利用後に自身のスマートフォンを紛失又は破損等し、使用不可となる又は第三者に盗用、不正使用されること等によって当該利用者に損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
  7. 当社並びに機会提供者等(本ワクチン接種をはじめとする医療行為を行う医療機関を除く)は、本ワクチン接種に関する医療契約⼜は医療行為には関与しないものとします。
  8. 当社は、本特約機能の提供につき、エラー・バグ・不具合等がないこと、本特約機能の利用者に適用される法令⼜は内部規則等に適合すること、その他本特約機能の利用者が期待する性質を有することを保証しません。
  9. 本免責条項その他当社の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず、当社の故意⼜は重過失に起因して、当社が利用者に対して損害賠償責任を負う場合であっても、損害賠償の範囲は、当社の故意⼜は重過失に起因して直接かつ現実に生じた損害に限るものとします。


特定保健指導 特約

当社は、「特定保健指導特約」(以下、「本特約」といいます。)を以下の通り定めます。本特約は、当社の提供する「特定保健指導」を利用する全ての者に適用される特約であり、他の規約・契約等に優先して適用されます。なお、本特約に定めのない事項については、「HELPOサービス利用規約」(以下「本規約」といいます。)に準じるものとし、本規約において定義された用語は、別段の定めがない限り、本特約においても同様の意味で用いるものとします。

第1条(定義)

本特約において使用する用語の定義は、次のとおりとします。

    1. 「特定保健指導」とは、当社が提供する特定保健指導に関するサービスの総称をいいます。
    2. 「保険者」とは、当社が特定保健指導の実施の委託を受けた市町村国保又は各種健康保険組合等をいいます。
    3. 「利用者」とは、当社が特定保健指導の実施の委託を受けた保険者の被保険者であって、特定保健指導を利用する者、及び当社の定める手続きに従って、特定保健指導の利用登録をしようとする者をいい、特定保健指導WEBを利用する者を含みます。
    4. 「特定保健指導アプリ」とは、特定保健指導実施のために当社が運用するアプリケーションをいい、当社のヘルスケアアプリ「HELPO」の機能の一部を構成します。
    5. 「特定保健指導WEB」とは、当社が提供する特定保健指導の実施形態の一つであって、特定保健指導アプリの使用を前提としないサービス類型を言います。主に電話及びwebツール等の外部サービスを活用して実施されます。
    6. 「ウェアラブル端末」とは、装着又は着用可能なコンピュータをいいます。
    7. 「外部サービス」とは、当社以外の事業者が提供するサービスであって、特定保健指導の実施にあたり利用されるサービスをいいます。
  • 第2条(利用契約)

    1. 特定保健指導は、原則として特定保健指導アプリを用いて実施されます。但し、保険者と当社との「特定保健指導委託契約」に基づき、特定保健指導WEBが選択可能な利用者であって、当該保険者又は当社からの案内に従って特定保健指導WEBの利用を選択した場合は特定保健指導WEBにより特定保健指導が実施されます。
    2. 利用者は、本特約及び本規約に同意して、当社の定める手続きに従い、特定保健指導の利用登録を申込むものとし、当社が当該利用登録を承諾した時点又は当社が本利用契約の履行に着手した時点において、保険者と当社の間の「特定保健指導委託契約」に基づき、利用者と当社との間に特定保健指導の利用に関する契約(以下「本利用契約」といいます)が成立します。
    3. 当社は、利用者が上記に従って特定保健指導の利用登録の申込みを行った場合、利用者が本特約及び本規約に同意したものとみなします。本特約は、利用者が特定保健指導を利用する際の一切に適用されるものとします。
    4. 当社は、利用者の事前の承諾を得ることなく、本特約及び本規約を変更できるものとし、当社コーポレートサイトで全文を掲載することで直ちに発効し、全ての利用者に適用されるものとします。利用者は、常に自身の責任で特定保健指導を利用する前に本特約の最新版を読み、本特約及び本規約に同意の上、特定保健指導を利用するものとします。当該効力の発生後、利用者が特定保健指導を利用した場合、当該変更後の本特約及び利用規約に同意して利用したものとみなします。
    5. 利用者は、特定保健指導の実施にあたり、指導中の音声、画像、動画、チャット履歴等が当社において録音、録画及びその他適宜の方法により記録されることを予め承諾するものとします。なお、当社は、これらの記録を本特約及び本規約並びに当社プライバシーポリシーに従って適切に取り扱います。
    6. 利用者は、特定保健指導の利用に際して、自らの行為とその結果について一切の責任を負うものとします。
    7. 本規約は、本規約に定める本サービスの一部を構成する特定保健指導WEBの利用に対しても、各条項の趣旨から類推のうえ、可能な限り適用又は準用するものとします。

    第3条(ウェアラブル端末の利用)

    1. 特定保健指導の実施にあたりウェアラブル端末を利用する場合があります。ウェアラブル端末が当社から貸与される場合、当該ウェアラブル端末の所有権は当社に帰属し、利用者は、当該ウェアラブル端末を善良なる管理者の注意義務を以って管理利用するものとします。なお、利用者の責に帰する理由により当該ウェアラブル端末の故障・破損等が発生した場合、当社は利用者に対し修理費用相当額の支払を請求できるものとします。
    2. 初期の動作不良等当社の貸与したウェアラブル端末に交換が必要と認められる場合を除き、当社は、当該ウェアラブル端末の交換等には応じません。
    3. 利用者は、自己の判断及び責任により、当該ウェアラブル端末のメーカー又は運営事業者の定める利用規約等に同意のうえ当該ウェアラブル端末を利用するものとします。
    4. 特定保健指導アプリ又は特定保健指導WEBとウェアラブル端末との連携は、利用者が自己の判断及び責任により行うものとします。
    5. 特定保健指導の実施にあたりウェアラブル端末を利用すること、又は利用しないことに伴い、利用者に損害が発生したとしても、当社は一切の責任を負いません。
    6. 利用者は、特定保健指導の利用の終了等に伴い、ウェアラブル端末の返却方法等について当社から通知を受けた場合は、案内に従ってウェアラブル端末の返却手続きを行うものとします。

    第4条(外部サービスの利用)

    1. 本特約において、外部サービスには、当社が指定するオンラインコミュニケーションツール、東京大学が運営する「MIRAMED-Face」及びApple社のHealth Kit(iOS版)もしくはGoogle社のGoogle Fit(Android版)が含まれますが、これに限りません。
    2. 利用者が特定保健指導アプリ又は特定保健指導WEBと「MIRAMED-Face」との連携に同意した場合、当社は、東京大学に対してリスクスコア(メタボリスク)情報を共有します
    3. 利用者が特定保健指導アプリ又は特定保健指導WEBの利用にあたり、明示的に許可した場合、当社は、Apple Health Kit(iOS版)もしくはGoogle Fit(Android版)からライフログデータを取得します。取得したライフログデータはApple社又はGoogle社の規約に則って取り扱い、マーケティング、広告又はこれらに類似した目的で利用または開示することはありません。また、当社は、当該ライフログデータを本特約、本規約又はプライバシーポリシーに定める目的等に従い利用するものとし、個人情報保護法及びその他の個人情報保護を目的とする関連法令等により許される場合を除き、上記以外の目的での情報提供は行いません。
      Apple社とGoogle社の規約については、以下のページを参照ください。
       Apple Health Kit:http://www.apple.com/ios/health/
       Google Fit:https://www.google.com/fit
    4. 利用者は、特定保健指導の実施にあたり外部サービスを利用する場合、自己の責任及び費用でこれを利用するものとします。外部サービスを利用すること、又は利用しないことに伴い、利用者に損害が発生したとしても、当社は一切の責任を負いません。

    第5条(秘密保持)

    利用者は、当社より以下の各号に定める情報の開示を受けた場合、これらを本規約第14条に定める当社の秘密情報の一として取り扱うことを承諾するものとします。

    1. 特定保健指導マニュアル
    2. Fitbit設定マニュアル
    3. 共通招待コード
    4. 特定保健指導認証コード
    5. その他特定保健指導の実施にあたり当社から案内する各種情報
  • 第6条(特定保健指導の利用終了)

    1. 利用者は、特定保健指導の利用の終了を希望する場合は、当社の定めるところに従って当社に契約の終了を申し入れるものとし、当社が承諾した場合に本利用契約が終了するものとします。
    2. 利用者が以下の各号の一に該当する場合、利用者は特定保健指導の利用資格を失い、当社は、事前に通知することなく、直ちに該当する利用者に対する特定保健指導の提供を終了できるものとします。
      1. 理由の如何を問わず、特定保健指導の実施にかかる当社と保険者との契約が終了した場合
      2. 利用者において、特定保健指導の利用に関する無資格又は資格失効が判明した場合
      3. 初回面談前に通院していて、医師が特定保健指導を勧めない場合
      4. 医療機関受診相当の健診結果であった場合
      5. 支援期間中に通院を開始した場合
      6. 利用者が所属組合外に異動した場合
      7. 利用者が死亡した場合
      8. 利用者が実在しないことや他人名義であることが判明した場合
      9. 利用者の登録内容に虚偽または隠匿の事実があることが判明した場合
      10. 利用者が別途当社の指定するところに従い、特定保健指導の利用に必要な手続(初回面談の予約が含まれますが、これに限りません。)を完了しなかった場合
      11. 利用者において、本規約又は本特約のいずれかの条項に違反した場合
      12. 利用者において、過去に本規約又は本特約に違反した事実が判明した場合
      13. 利用者が特定保健指導の利用から生じた金銭債務の支払いを1回でも履行しなかった場合
      14. 利用者において、実施予定日に利用がなく、代替日の設定がない、あるいは代替日も欠席する等の状態で、最終利用日から未利用のまま2ヶ月経過した場合
      15. 本規約に定める利用者資格の取消等(本規約第7条)又は本サービスの停止等(本規約第8条)等の一に該当した場合
      16. その他、利用者における特定保健指導の利用又は利用登録が適当でないと当社が判断した場合
    3. 前二項に基づき特定保健指導の利用が終了した場合、利用者は、当社に対して負っている一切の債務について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行うものとします。なお、当社は既に支払われた料金等を一切払い戻し致しません。

    第7条(個人情報の取り扱い)

    1. 当社は、個人情報保護法及びその他の個人情報保護を目的とする関連法令等、行政機関が定める個人情報保護に関するガイドライン並びに当社が定めるプライバシーポリシーに従って、利用者の登録情報、特定保健指導を通じて知り得た利用者の検診データ(特定保健指導)、及び利用者のその他の個人情報(以下、総じて「本個人情報」といいます)を適切に利用、管理します。
    2. 当社は、利用者に対する特定保健指導等、本特約、本規約又はプライバシーポリシーに定める目的等に従い本個人情報を利用する他、特定保健指導期間終了後においても、利用者によるヘルスケアアプリ「HELPO」のサービス利用を目的として、取得した本個人情報を保管および利用することがあります。
    3. 特定保健指導の実施、特定保健指導に関する実施状況及び実施結果の報告、費用請求、又は支払代行機関等の利用を目的として、当社は、住所、氏名、性別、生年月日、被保険者証等番号、特定保健指導に関する実施状況及び実施結果等の本個人情報を必要な範囲で、当該利用者を被保険者とする保険者、又は当該保険者が指定する支払代行機関等(厚生労働省令「特定健康診査及び特定保健指導の実施に関する基準」第16条第1項による)に対して提供します。
    4. 当社は、個人情報保護法及びその他の個人情報保護を目的とする関連法令等により許される場合を除き、上記以外の目的での情報提供は行いません。

    第8条(サービス内容の変更及び終了)

    1. 当社は、いつでも、特定保健指導のサービスの内容を変更し、又は特定保健指導のサービスの提供を終了することができるものとします。当該変更又は終了の際、当社は、利用者に対して、当社所定の方法により、原則として事前に当該変更又は終了の事実を告知するものとします。
    2. 当社は、当該変更又は終了により利用者に生じた損害につき、一切責任を負いません。

    第9条(免責)

    1. 特定保健指導アプリ及び特定保健指導WEBが、利用者の利用端末又は使用環境において正確に動作することについて、当社は、利用者に対し、何ら保証するものではありません。また、当社が指定した端末又はOSを使用した場合であっても同様です。
    2. 特定保健指導アプリ又は特定保健指導WEBにおいて、安全性、信頼性、完全性、正確性、特定の目的への適合性、セキュリティに関する欠陥、エラー及びバグ、並びに権利侵害等の問題がないことについて、当社は、利用者に対し、何ら保証するものではありません。
    3. 利用者の入力したデータその他の情報の誤りに起因して、利用者に損害が生じた場合でも、当社は当該損害について一切の責任を負いません。
    4. 利用者は、自らの判断及び責任において特定保健指導を利用するものとします。特定保健指導の利用に関連して生じた苦情、請求、紛争等について、当社は、一切責任を負わず、これらの解決に関与する義務も負いません。
    5. 当社の過失により、特定保健指導の利用に関連して利用者に損害が生じた場合について、当社の故意⼜は重過失を除き、当社は、直接かつ現実に生じた損害に対して、損害発生の原因となった事由の生じた時点から遡って過去3ヶ月間に特定保健指導の実施に伴い利用者より現実に受領した金額相当額を上限として賠償します。ただし、前各号その他の規定により、当社が損害賠償責任を免責される場合、当社は一切賠償いたしません。

    改訂

    令和2年 4月13日  策定
    令和2年 6月12日  改定
    令和2年 6月29日  改定
    令和2年 10月15日  改定
    令和3年 6月21日  改定
    令和3年 7月7日    改定
    令和3年 7月16日  改定
    令和3年 9月27日  改定
    令和3年 10月13日  改定
    令和4年 1月26日  改定
    令和4年 2月10日  改定
    令和4年 4月25日  改定


    HELPO PCR検査パッケージ利用規約

    ヘルスケアテクノロジーズ株式会社(以下「販売・管理会社」といいます。)及びSB新型コロナウイルス検査センター株式会社(以下「検査会社」といい、販売・管理会社と検査会社を併せて「サービス提供会社」といいます。)が提供する本サービス(第2条により定義します。)のご利用の際は、「HELPO PCR検査パッケージ利用規約」(以下「本利用規約」といいます。)の内容を事前にご確認いただき、本利用規約を本サービス利用契約(第2条により定義します。)の内容とすることにつき、ご同意いただくことが必要です。本利用規約にご同意いただけない場合、本サービスをご利用できません。

    第1条(目的)

    1. 本利用規約は、本サービスの利用に関するサービス提供会社と利用者等との間において、権利義務関係を定めることを目的とし、本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
    2. 本利用規約は、他の口頭又は書面による合意に優先するものとします。本利用規約に優先する旨を特記した書面による合意は、本利用規約に優先するものとします。
    3. 当社は、利用者の事前の承諾を得ることなく、本規約を変更することがあります。この場合には、本サービスの提供条件は変更後の「HELPOサービス利用規約」によるものとします。
    4. 利用者等は、常に自身の責任で、本サービスを利用する前に本利用規約の最新版を確認し、本利用規約に同意の上、本サービスを利用するものとします。利用者等が本サービスを利用した場合、本利用規約に同意して利用したものとみなすものとします。
    5. その他、サービス提供会社が本サービス及び検査会社の提示する検査にあたっての諸注意及び説明、ガイドライン等の規定が存在する場合、当該規定は本利用規約の一部を構成及び補完するものとします。また、当該規定に特段の定めがない限り、当該規定の条項と本利用規約の条項との間に矛盾がある場合には、矛盾が生じた当該規定の条項一部又は全てに関してのみ、本利用規約が優先して効力を有するものとします。

    第2条(定義)

    1. 本利用規約において使用する用語の意義は、次の各号に定めるとおりとします。
      1. 本サービス:サービス提供会社が「HELPO PCR検査パッケージ」の名称の下で提供する第3条に規定したサービス
      2. 利用者:本サービスを利用する全ての者
      3. 本サービス利用契約:サービス提供会社と利用者等との間で成立する、本サービスの利用に関する契約
      4. 本サービス利用権:サービス提供会社から本サービスの提供を受けることのできる権利
      5. HELPO:販売・管理会社が提供する、健康医療相談、病院検索及びHELPOモール等の機能を有した、スマートフォン専用のアプリケーションによるサービス
      6. 利用者等:本サービスを購入した者及び利用者
      7. 本件検査:検査会社が提供する、新型コロナウイルスのスクリーニングを目的とした個人向け唾液PCR検査
      8. 本件検体:利用者が採取した唾液検体
      9. 本件キット:本件検体を採取及び輸送するための物品等、本件検査に必要となる物品
      10. 利用者情報:利用者等による本サービスの購入及び利用、並びにHELPOの利用に際し、販売・管理会社が取得する、利用者等に関する一切の情報
      11. 管理番号:本件検体を識別するためのコードをいう。
      12. 検査データ:本件検査の結果
      13. 検査結果:検査データに応じて販売・管理会社が利用者へ通知する情報

    第3条(提供サービス)

    1. 本サービスにおいて、販売・管理会社は次の各号に定めるサービスを提供します。
      1. 本件キット及び本サービス利用権の販売
      2. HELPOの提供
      3. 利用者に対するHELPOを用いた検査結果の通知
      4. 利用者情報及び検査結果等の情報管理等
      5. 利用者に対する本サービスに関する問い合わせ等への一次対応
    2. 本サービスにおいて、検査会社は次の各号に定めるサービスを提供します。
      1. 本件検査の実施
      2. アプリ提供会社を通じた本件検査に関する問い合わせに対する対応及び回答
      3. 販売・管理会社への検査データの通知
    3. サービス提供会社は理由の如何を問わず、利用者等に事前の告知をすることなく、本サービスの内容の一部又は全部の変更及び追加をすることができるものとします。サービス提供会社は、本項に基づきサービス提供会社が行った措置により利用者等に生じた損害について、故意又は重過失の場合を除き、本サービスの購入費用を超えて責任を負いません。
    4. 本件検査は、新型コロナウイルスのスクリーニングを目的として、本件検体内に新型コロナウイルスが含まれるか否かを判定するものであり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)罹患の有無を診断するものではありません。本件検査の結果新型コロナウイルスが検出された場合、速やかにかかりつけ医へ相談し医師の診察を受けるか、サービス提供会社が提携する医療機関を受診してください。医療機関の受診にあたっては、感染予防に十分に留意の上、感染拡大防止に努めてください。
    5. 利用者は、本件検査の結果新型コロナウイルスが検出された場合、検査会社が別途定める「新型コロナウイルス変異株のゲノム解析及び発生状況に関する研究について(オプトアウト)」の内容に従って当該新型コロナウイルスのゲノム解析に関する研究(以下「本研究」といいます。)を実施することがあることをご理解、ご同意頂いた上で、本件検査を受けて頂きます。なお、本研究が実施又は継続されることに同意した場合であっても、利用者は随時これを撤回でき、撤回によって本サービスの提供にあたって不利益な取扱いを受けることはありません。また、検査会社は特定の個人を識別することができる情報は本研究には用いません。

    第4条(本サービスの利用方法について)

    本サービスの利用資格について

    1. 利用者は、本サービスの利用に際し、サービス提供会社が定める本利用規約、検査会社が定めるプライバシーポリシー(https://sbcvic.jp/privacypolicy/)、並びに販売・管理会社が定めるプライバシーポリシー及びHELPOサービス利用規約(以下総称して「本サービスに関する規約等」といいます。)への同意が必要となります。
    2. 本サービスは、本サービスの購入者又は当該購入者の親族等が利用できます。ただし、当該購入者は、本件検査の受検を希望する親族等に対して本サービスを利用させる場合、当該親族等に対して本サービスに関する規約等の確認並びに同意を行う必要があることを説明し、それらを遵守させる必要があります。
    3. 利用者が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断を受けている場合、同感染症と診断された者との濃厚接触が疑われる場合、若しくは、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱、又は4日以上続く軽い風邪症状や微熱等の症状がある場合、サービス提供会社は本件検査の利用を受け付けないことがあります。
    4. 提供不可エリア(離島)において、本サービスはご利用できません。誤って本サービスを購入された場合、購入をキャンセルいたします。
    5. 本サービスはスマートフォン専用アプリケーションにより利用者に提供されるため、ご利用にはアプリケーションがインストールされたスマートフォンが必要です。

    検査手続及び検査手順について

    1. 本サービス購入後、本件キットは、購入時に指定された住所に配送・提供されます。なお、本サービス購入以後、購入者の都合によるご購入のキャンセルはできません。
    2. 本件検査を受けるためには、検査品質の維持・管理のため、事前に唾液採取日を登録することが必要です。なお、検査会社による本件検査の実施状況によっては、希望する日程にて唾液採取日を登録することができない可能性があることにつき、あらかじめご同意下さい。
    3. 利用者は、本件キット受領後、HELPOにより唾液採取日を登録し、唾液採取器具毎に付属する二次元バーコードを読み取り、当該唾液採取器具を利用する方の利用者情報を登録してください。なお、本件キットの使用期限は本サービス購入後2ヶ月間に限られます。利用者は、使用期限が経過した本件キットを使用して本サービスを利用することができません。
    4. 本件キットに同梱された唾液採取器具が複数ある場合、同梱された全ての唾液採取器具を用いて、同一の採取日に唾液を採取し、本件検体の全てを一括して送付する必要があります。また、唾液採取日の登録は、必ず本件キット毎に同一唾液採取日とするようにしてください。なお、本件キットに同梱された唾液採取器具の一部のみを使用して本件検体を送付した場合、送付された本件検体以外の本サービス利用権を利用者等が放棄したものとみなし、送付しなかった残りの唾液採取器具を使用して本件検体を検査会社へ送付しても、後から送られた本件検体に対して本件検査を行いません。
    5. 唾液採取日登録後、登録した利用者情報等及び検査にあたっての諸注意を記載した電子的通知が販売・管理会社より送られます。利用者は、当該通知に記載された諸注意を確認し、当該通知の内容を遵守して下さい。
    6. 本件キットを用いて唾液を採取する際は、周囲に人がいない場所で採取するようにして下さい。また、唾液採取後は、使用済みの本件キットを袋などで密閉して速やかに廃棄し、石鹸と流水で手洗いをして下さい。
    7. 唾液採取日は、HELPO 上において、無料で登録キャンセル及び再登録をすることができます。なお、登録した唾液採取日当日にHELPOにより本件キットの二次元バーコードを読み取った場合、それ以降における唾液採取日の登録キャンセル及び変更はできません。
    8. 唾液採取日において、唾液採取器具毎に付属する二次元バーコードをHELPOにより読み取り、当該唾液採取器具を用いて利用者ご自身で唾液を採取し、唾液採取日当日に本件検体を送付して頂きます。
    9. 登録した唾液採取日に唾液採取器具毎に付属する二次元バーコードのHELPOによる読み取りがされなかった場合、登録した唾液採取日は自動でキャンセルされます。
    10. 唾液採取日を未登録のまま唾液を採取して本件検体を送付したとき、又は唾液採取日の登録を行った二次元バーコードのHELPOによる読み取りをしないまま唾液を採取して本件検体を送付したとき、サービス提供会社は、利用者等が本サービス利用権を放棄したものとみなし、検査会社は本件検体に対して本件検査を行いません。
    11. その他、HELPOのアプリケーション及びマニュアルの記載に従って検査を行ってください。これらに従わないことが原因で、本件検査がなされない、又は検査結果が不正確となったとしても、サービス提供会社は返金に一切応じません。

    本件検体の送付について

    1. 利用者等は、本件キット送付時に同梱されている所定の返送用資材及び返送用伝票を用いないで本件検体を送付した場合、本件検査を利用できません。
    2. 本件検査では検査品質の維持・管理のため、利用者等は、登録した唾液採取日当日にサービス提供会社所定の方法により本件検体を検査会社に送付してください。また、唾液採取後マニュアル等に規定された時間内に本件検体を送付しなかった場合、検査を受け付けない又は不正確な検査結果となることがありますので、ご注意ください。
    3. 前項に定める検査会社への本件検体の送付に際して、利用者等は、サービス提供会社が指定する配送業者による配送をご自身で手配し、その費用を別途ご自身でご負担いただくことが必要です。なお、唾液採取日の登録キャンセル及び再登録をする場合も同様であり、これに伴う配送費用の増加について、サービス提供会社は責任を負いません。検査会社は、利用者等が配送業者に引渡した本件検体(本件検体が入っている容器を含みます)を返還せず、検査会社の定める方法により保管又は廃棄します。
    4. 配送遅延等のサービス提供会社の責に帰すべき事由以外の何らかの事由によってマニュアル等に規定された時間内に本件検体が検査会社へ届かない場合、当該本件検体につき本件検査を受け付けないことがあります。

    検査データ及び検査結果について

    1. 検査データは、検査会社の責任において、販売・管理会社に提供されます。
    2. 販売・管理会社は、検査データと利用者情報を紐づけした検査結果を作成し、販売・管理会社の責任において、HELPOを通じて利用者へ通知します。
    3. 唾液採取日の未登録、二次元バーコードの読み取りエラー、又は利用者情報の修正変更等、検体と利用者情報の紐づけが正しく行えない状態にある場合、利用者等の責に帰すべき事由の有無に関わらず、販売・管理会社は利用者に対し検査結果を通知しないことがあります。

    第5条(本サービスに関する契約と責任)

    1. 本サービスを購入した者とサービス提供会社との間における本サービス利用契約は、当該購入者による本サービスの購入が完了した時点において成立するものとします。本サービスの購入は、購入を希望する者が本サービス購入の申込みの意思を表示し、サービス提供会社が承諾した時点において完了します。本サービスの購入費用の決済が実行された場合、当該決済実行の時点においてサービス提供会社による承諾がなされたものとみなします。
    2. 利用者(本項においては、前項に定める本サービスの購入者を除くものとします。)とサービス提供会社との間における本サービス利用契約は、当該利用者がHELPOにおいて唾液採取日及び利用者情報の登録を完了した時点において成立するものとします。
    3. 利用者等が第4条第12項に基づいて唾液採取日の登録を解除した後、再登録をした場合、利用者等とサービス提供会社との間における本サービス利用契約は、当該利用者等がHELPOにおいて唾液採取日の再登録を完了した時点において成立するものとします。
    4. 本利用規約に別段の定めがある場合及びサービス提供会社の責に帰すべき事由がある場合を除き、利用者等は、本サービス利用契約を解除することができません。
    5. 唾液採取日の登録がキャンセルされた時点、又は利用者等がサービス提供会社に対して、本サービス利用契約の解除を申し込み、かつ、サービス提供会社がこれを承諾した時点において、本サービス利用契約は解除されるものとします。ただし、本サービス利用契約が解除された場合であっても、サービス提供会社は、本サービスの購入費用の返金や本件キットの返品の受付はしません。
    6. 利用者等が本サービス利用契約に定める要件を満たさない場合、若しくは、サービス提供会社が利用者等の申し込み情報について不備又は虚偽等と判断した場合、サービス提供会社は、事前の告知・理由の開示無く、本サービス利用契約を解除できるものとします。
    7. 本サービス利用契約が解除されず、利用者等が検査結果を閲覧可能な状態にある限り、本サービス利用契約は有効であるものとします。
    8. 本サービス利用契約終了後、利用者等は自己の検査結果を閲覧することができなくなります。
    9. 本サービス利用契約終了後は、販売・管理会社及び検査会社は、検査データ、検査結果、利用者情報、及びその他本サービスに関してサービス提供会社が取得した情報を保持する義務を負わず、いつでも当該情報を削除でき、再契約をした場合であっても当該情報を復元させる義務を負わないものとします。なお、検査会社は、利用者情報を取得しないため、利用者情報及び検査結果の復元に応じることは出来ません。
    10. 利用者等は、検査権を譲渡、貸与、名義変更、担保供与、その他第三者の利用に供する行為をすることはできないものとします。
    11. 利用者等が本サービス利用契約による権利を放棄した場合、サービス提供会社は当該利用者等に対する本サービスの提供を停止することができるものとします。
    12. 本サービスの利用に必要な端末やソフトウェア、通信にかかる一切の準備と費用について、利用者等は自己責任と自己負担において行うものとします。
    13. 利用者等が未成年、被後見人等の制限行為能力者の場合、本サービスの購入又は利用に際し、親権者または後見人等の承諾が必要となります。なお、サービス提供会社は、本サービス内で利用可能なサービスまたは付帯サービスに年齢制限をかける場合があります。

    第6条(登録情報・個人情報の取り扱い)

    1. 利用者等は、利用者情報に変更が生じた場合、販売・管理会社が定める方法により、変更内容を速やかに販売・管理会社に届け出るものとします。
    2. サービス提供会社は、利用者の個人情報及び個人関連情報について、個人情報保護法及びその他の個人情報保護を目的とする関連法令等、行政機関が定める個人情報保護に関するガイドライン及びサービス提供会社のプライバシーポリシーに基づき取り扱うものとします。また、利用者等は、サービス提供会社が個人情報及び個人関連情報を取扱うことについて同意するものとし、これに異議を述べないものとします。
    3. 利用者が第三者の所持する端末を用いて本サービスを利用した場合、当利用者の検査結果は当該端末に通知されるため、当該端末を介して第三者に検査結果を知得されることがあることを理解し、同意するものとします。
    4. サービス提供会社は、研究及び公益目的のため、医療機関を含む研究機関及び行政機関等に対し、特定の個人を識別できない形式で、検査データを提供することがあります。
    5. 本件検査の受検後、サービス提供会社が案内する提携医療機関を利用者が受診する場合、以下の各号に定める要領に従い、サービス提供会社が当該提携医療機関に対し、個人情報を提供する場合があります。利用者は、本件検査の受検後、サービス提供会社の案内に従いサービス提供会社の提携医療機関を受診する場合、当該個人情報の第三者提供についてあらかじめ同意するものとします。
      1. 第三者に提供する目的:検査結果等の提供による適切な受診の案内及び円滑な診療実施のため。
      2. 提供する個人情報の項目:提携医療機関を受診する利用者の氏名及び電話番号並びに検査結果
      3. 提供の手段又は方法:電磁的方法
      4. 提供を受ける者の組織の種類、属性:サービス提供会社の提携医療機関
    6. サービス提供会社は、個人情報保護法及びその他の個人情報保護を目的とする関連法令等により許される場合を除き、本条に定めた目的以外の目的での情報提供は一切行いません。
    7. 本サービスの提供のために検査会社が販売・管理会社に対して検査データ(検体ID、検査日、Ct値を含む。)を提供し、販売・管理会社が同データを個人データとして取得することについて利用者は同意するものとします。

    第7条(本サービスの停止等)

    1. サービス提供会社は、以下のいずれかに該当する場合には、利用者等に事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。
      1. 本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
      2. コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
      3. 火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
      4. その他、サービス提供会社が停止又は中断を必要と判断した場合
    2. サービス提供会社は、サービス提供会社の都合により、本サービスの提供を終了することができます。この場合、サービス提供会社は利用者等に事前に通知するものとします。

    第8条(本サービス利用資格の取消等)

    1. 利用者等が以下の各号の一に該当する場合、サービス提供会社は事前に通知することなく、本サービスの利用資格を直ちに取り消し、一方的に本サービス利用契約を終了させることができるものとします。
      1. 利用登録に要する要件を具備していない又は具備しなくなる見込みがある場合
      2. 本利用規約に定める禁止行為を行った場合
      3. 本利用規約のいずれかの条項に違反した場合
      4. 利用者情報に虚偽の事実があることが判明した場合
      5. 利用者等において、決済を利用する上で必要となる契約が解除された場合
      6. 本利用規約又はサイト内に提示するルールやマナーに違反した場合
      7. サービス提供会社、他の利用者等又は第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用した、又は利用しようとした場合
      8. 手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合
      9. 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同様です。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っているとサービス提供会社が判断した場合
      10. SNSを始めインターネット上への本サービスに関する情報や写真等を掲載する行為を行なった場合
      11. その他利用者等として不適切とサービス提供会社が判断した場合
    2. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、利用者等は、サービス提供会社に対して有する一切の債権を放棄し、かつ、サービス提供会社に対して負っている一切の債務について当然に期限の利益を失い、直ちにサービス提供会社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。なお、サービス提供会社は既に支払われた料金等を一切払い戻ししないものとします。
    3. サービス提供会社は、本条に基づきサービス提供会社が行った行為により利用者等に生じた損害について、一切の責任を負いません。
    4. 本サービス利用契約が終了した場合、利用者等は、サービス提供会社の指示に基づき、サービス提供会社から提供を受けた本サービスに関連するソフトウェア、マニュアルその他の物につき、返還、廃棄その他の処分を行うものとします。

    第9条(検査結果に関する責任範囲)

    1. 本サービスにおける検査結果は、新型コロナウイルスのスクリーニングにより、利用者の適切な健康管理の実現及び、適切な衛生環境の保持等を目的として提供されるものであり、診療・診断又はこれに準ずる行為はサービス内容に含まれていません。利用者は自己の責任において本サービスを利用し、医療機関の受診や薬の服用等も、利用者の責任と判断により行うものとします。
    2. 利用者等が、本サービスの利用、検査結果により何らかの不都合、不利益、又は損害を被った場合であっても、サービス提供会社は、自らの故意又は重過失によるときを除いて、当該利用者等による本サービスの購入費用を超えて責任を負いません。
    3. 利用者等は、本サービスの利用にあたり、検査に関する感度や特異度等、本サービスに関する一切の情報の開示を求めることはできないものとします。

    第10条(著作権等)

    1. 本サービスに関する一切の知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます)を意味します。)は、サービス提供会社又はサービス提供会社に知的財産権の使用を許諾している者(以下「知的財産権者」といいます。)に帰属しており、本利用規約に基づく本サービスの利用許諾は、本サービスに関するサービス提供会社又はサービス提供会社にライセンスを許諾している者の知的財産権の譲渡又は使用許諾を意味するものではありません。利用者等は、いかなる理由によっても知的財産権者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これらに限定されません。)をしないものとし、利用者等は、いかなる方法によるかを問わず、本サービスを通じて提供される一切のコンテンツ及び情報について、知的財産権者の許諾を得ないで、著作権法で定める個人の私的使用の範囲外の使用をすることはできないものとします。
    2. 利用者等は、いかなる方法によるかを問わず、本サービスを通じて提供される一切の情報について、知的財産権者の許諾を得ないで、第三者に使用させ又は第三者をして公開させることができないものとします。

    第11条(禁止事項)

    1. 利用者等は、本サービスの利用にあたって以下の行為を行ってはならないものとします。
      1. 検査結果を改変する行為
      2. サービス提供会社、他の利用者等又は第三者の知的財産権その他の権利を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
      3. サービス提供会社、他の利用者等又は第三者の財産若しくはプライバシーを侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
      4. 個人の実名、メールアドレス、住所、電話番号など個人情報を公開する行為、又はそのおそれのある行為
      5. 罵詈雑言等、サービス提供会社、他の利用者等又は第三者を誹謗中傷する行為、又はそのおそれのある行為
      6. サービス提供会社、他の利用者等又は第三者の名誉や信用を毀損する、若しくはそれらを助長する行為、又はそのおそれのある行為
      7. サービス提供会社、他の利用者等又は第三者に嫌悪感を与える行為、又はそのおそれのある行為
      8. 民族的、人種、信条、性別、社会的身分若しくは門地等による差別、その他差別につながる行為、又はそのおそれのある行為
      9. サービス提供会社、他の利用者等又は第三者に不利益若しくは経済的損害、精神的損害を与える行為、又はそれらのおそれのある行為
      10. 公序良俗に反する行為若しくはそのおそれのある行為、又は公序良俗に反する情報を他の利用者等、サービス提供会社若しくは第三者に提供する行為
      11. 暴力表現、違法活動への勧誘、又はそのおそれのある行為
      12. 犯罪的行為若しくは犯罪的行為に結びつく行為、又はそのおそれのある行為
      13. 自殺又は死を誘発する行為、又はそのおそれのある行為
      14. ストーキング行為等、方法の如何を問わず嫌がらせをする行為、又はそのおそれのある行為
      15. 猥褻な情報又は青少年に有害な情報を送信する行為、又はそのおそれのある行為
      16. 異性交際に関する情報を送信する行為、又はそのおそれのある行為
      17. 選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動又はこれに類似する行為
      18. 事実に反する、又はそのおそれのある情報を提供する行為
      19. サービス提供会社の承認なく、本サービスを通じて、若しくは本サービスに関連して行う、営利を目的とした行為、又はその準備を目的とした行為
      20. 本サービス又はサービス提供会社の信用を毀損する行為、又はそのおそれのある行為
      21. 本サービスの運営を妨げる行為、又はそのおそれのある行為
      22. メールアドレス、パスワード、又は招待コードを不正に使用する行為
      23. サービス提供会社と利用者等との間で成立したサービス利用契約に基づく利用者ではない第三者へ招待コードを提供又は漏洩する行為
      24. 他人になりすまして本サービスを利用する行為(自分以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらず会社などの組織の代表者や代理人を名乗ったり又は他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりする行為)
      25. 特定個人名、施設名等、個人の特定につながる情報の掲載行為、又はそのおそれのある行為
      26. コンピューターウィルス等有害なプログラムを、本サービスを通じて、又は本サービスに関連して使用し、若しくは提供する行為
      27. いわゆる「スパム」あるいは大量メールの書き込み、作成、又は頒布をする行為
      28. 画像、動画、音楽、ソフトウェアなどのファイルダウンロード専用を目的としたリンクの作成や、他のページ(本サービス内外を問わず)へのリンクを投稿するためだけに本サービスを利用する行為
      29. 勧誘あるいは広告の掲載行為
      30. 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、又はこれを勧誘する行為
      31. 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に違反する、健康食品や健康器具の効能をうたう行為
      32. その他、商用行為に該当する行為
      33. その他、法令に違反する、又は違反するおそれのある行為
      34. 本件検査の結果に基づく利用者に対する差別又は不当な扱いに相当する行為
      35. SNSを始めインターネット上への本サービスに関する情報や写真等を掲載する行為
      36. その他、サービス提供会社が不適切と判断する行為
    2. サービス提供会社は、本サービスにおける利用者等の行為が前項各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあるとサービス提供会社が判断した場合には、利用者等に事前に通知することなく、当該利用者等に関する情報の全部又は一部の削除、本サービスの利用の停止、本サービスの利用資格の取消又は本サービス利用契約の解除をすることができるものとします。サービス提供会社は、本項に基づきサービス提供会社が行った措置により利用者等に生じた損害について一切の責任を負いません。

    第12条(免責)

    1. 次の各号に定める事項については、サービス提供会社は責任を負いません(ただし、サービス提供会社の故意又は重大な過失による場合はこの限りではありません。)。
      1. 本件検体の入手方法の倫理的正当性に係る係争
      2. 検査結果に起因する生命上または身体上の被害に係る係争
      3. 検査データを利用した本研究・臨床研究・臨床試験に起因する係争
      4. 検査結果の内容に起因する係争
    2. サービス提供会社は、次の各号に定める事由により、利用者等に発生した損害について、責任を負いません。
      1. 利用者等が本利用規約に定める条件に違反する態様で検査結果を利用したとき
      2. 利用者等が、本サービスを新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断を目的として利用したとき
      3. 利用者等の責めに帰すべき事由によって、本件検査が実施できなかったとき
      4. 利用者等が、本件キット以外の採取機器を使用したとき
      5. 利用者等が、サービス提供会社の指定した方法以外の方法により、本件検体の採取、保存又は配送等をしたとき
      6. 配送業者による配送サービスの遅延や誤配送等が発生したとき
      7. サービス提供会社の責めに帰すべき事由によらず、本件検体の劣化又は不足等により、検査データが得られなかったとき
      8. サービス提供会社の責に帰すべき事由によらず、検査データ又は検査結果が棄損又は滅失したとき
      9. 利用者等が、検査結果を第三者に開示又は公表したとき
      10. 利用者等が、検査結果を改変したとき
      11. 技術及び研究の進展により、検査結果において提供される情報に変更が生じたとき
    3. サービス提供会社は本サービスの内容、及び利用者等が本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行わないものとします。
    4. サービス提供会社は、本サービスにおいて利用者等に対して提供される情報の誤り、不正確、脱漏、欠陥、遅延等に基づく損害に対して、サービス提供会社の故意又は重過失による場合を除き、一切の責任を負いません。
    5. HELPOに使用するアプリケーションに対応した端末以外の端末でHELPOを利用した場合、アプリケーションの不具合及び当該不具合に起因する損害等に関して、サービス提供会社は一切責任を負いません。
    6. HELPOにより登録した唾液採取日の誤り及びその他利用者の入力した情報の誤りに起因して、利用者等に不利益又は損害が生じた場合、サービス提供会社は当該不利益及び損害について一切の責任を負いません。
    7. 利用者等がサービス提供会社から直接又は間接に、本サービス、本サービスの他の利用者等又はその他の事項に関する何らかの情報を得た場合であっても、サービス提供会社は利用者等に対し本利用規約において規定されている内容を超えて如何なる保証も行うものではありません。
    8. 本件検査は検査会社より提供されるサービスであり、検査会社より提供されるサービスに関して、販売・管理会社は一切の責任を負いません。また、販売・情報会社により提供されるサービスに関して、検査会社は、一切の責任を負いません。なお、サービス提供会社以外の第三者より提供されるサービスにおいて生じる取引は、サービス提供会社が関与しないものであり、これにより生じた一切の不利益や損害等について、サービス提供会社は一切責任を負いません。
    9. 本サービスに関連して利用者等と他の利用者等又は第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、利用者等の責任において処理及び解決するものとし、サービス提供会社はかかる事項について一切責任を負いません。
    10. 本サービス以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関して、サービス提供会社は関与するものではなく、如何なる理由に基づいてもサービス提供会社は一切の責任を負いません。また、本サービスから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから本サービスへのリンクが提供されている場合でも同様です。
    11. 本サービスの提供、遅滞、変更、中止若しくは廃止、本サービスを通じて登録、提供される情報等の流失若しくは消失等、又はその他本サービスに関連して発生した利用者等の損害について、サービス提供会社の故意又は重過失による場合を除き、本サービスの購入費用を超えて責任を負わないものとします。
    12. 火災、嵐、洪水、地震、津波その他の自然災害、戦争(宣戦布告の有無を問いません。)、テロ、重大な疫病、パンデミック、ストライキ、ロックアウト、労働争議、反乱、革命、暴動、騒乱、電気・通信若しくは決済システムの中断・停止又は故障、第三者の倒産、法令の適用・変更又は政府の行為、又はこれらに類する、サービス提供会社及び利用者等のいずれもが予期し得ず、その支配し得る限度を超え、かつサービス提供会社及び利用者等の責に帰すべきでない事由により、本サービスに関する規約等に規定する各当事者の義務(金銭債務を除きます。)の全部又は一部の履行遅滞又履行不能が生じた場合、いずれの当事者も当該義務の履行遅滞及び履行不能の責任を負いません。

    第13条 (秘密保持)

    1. 本利用規約において「秘密情報」とは、本サービス利用契約又は本サービスに関連して、利用者等が、サービス提供会社より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示され、又は知り得た、サービス提供会社の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。ただし、以下に該当するものは、秘密情報から除外するものとします。
      1. サービス提供会社から提供若しくは開示がなされたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は既に知得していたもの
      2. サービス提供会社から提供若しくは開示又は知得した後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの
      3. 提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの
      4. 秘密情報によることなく単独で開発したもの
      5. 秘密情報から除外する旨、サービス提供会社が書面で定めたもの
    2. 利用者等は、秘密情報を本サービスの利用の目的のみに利用するとともに、サービス提供会社の事前の書面による承諾なしに第三者にサービス提供会社の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。
    3. 第2項の定めにかかわらず、利用者等は、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。ただし、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨をサービス提供会社に通知しなければなりません。
    4. 利用者等は、秘密情報を記載した文書又は磁気記録媒体等を複製する場合には、事前にサービス提供会社の書面による承諾を得ることとし、複製物の管理については第2項に準じて厳重に行うものとします。
    5. 利用者等は、サービス提供会社から求められた場合にはいつでも、遅滞なく、サービス提供会社の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物及びその全ての複製物を返却又は廃棄しなければなりません。

    第14条(本利用規約の譲渡等)

    1. 利用者等は、サービス提供会社の書面による事前の承諾なく、本サービス利用契約上の地位又は本利用規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
    2. サービス提供会社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本サービス利用契約上の地位、本利用規約に基づく権利及び義務並びに利用者の登録情報その他の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者等は、かかる譲渡につき本項においてあらかじめ同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

    第15条(存続規定)

    第10条、第11条、第13条、第14条、第16条及び第17条の規定は、本サービス利用契約の終了後も有効に存続するものとします。

    第16条(準拠法)

    本利用規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

    第17条(協議・管轄)

    1. 本サービスに関連して、利用者等とサービス提供会社との間で問題が生じた場合には、利用者等とサービス提供会社で誠意をもって協議するものとします。
    2. 本サービスに関連して、利用者等とサービス提供会社との間で生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。


    クーポンコードの利用に関する特約

    「クーポンの利用に関する特約」(以下「本特約」といいます。)は、クーポンコードを利用して本サービスを購入した者及びクーポンコードを利用して購入された本サービスを利用する全ての者(以下「クーポン利用者」といいます。)に適用される特約であり、他の規約・契約等に優先して適用されます。なお、「HELPO PCR検査パッケージ利用規約」において定義された用語は、別段の定めがない限り、本特約においても同様の意味で用いるものとします。

    1. 本サービスに適用されるクーポン(以下「クーポン」といいます。)は、販売・管理会社のみならず、販売・管理会社と契約した法人等(以下「クーポン提供法人」といいます。)も発行します。
    2. クーポンを利用するためには、販売・管理会社又はクーポン提供法人によりクーポンコード受領時に提示された利用条件(以下「クーポン利用条件」といいます。)にあらかじめ同意することが必要です。なお、クーポンコードを利用して本サービスの購入が完了した時点において、当該購入者はクーポン利用条件に同意したものとみなします。
    3. 利用するクーポンのクーポン利用条件において、利用者等の氏名及び検査結果を含む個人情報をクーポン提供法人等の第三者に対して提供する旨の記載がある場合、当該クーポンが利用された本サービスの提供において、販売・管理会社は第三者への提供を目的に当該利用者の個人情報を取得し、当該利用者の個人情報をクーポン提供法人等の第三者へ提供します。なお、当該利用者の個人情報において、利用目的、第三者へ提供される際の個人データ項目及び提供方法、並びに、第三者提供の停止条件と停止方法については、クーポン利用条件において通知されます。
    4. クーポン利用者が本サービスの購入後に当該クーポン利用者が本利用規約第8条の定めにより利用資格を取り消された場合、当該クーポン利用者は、クーポン提供法人に対し、当該クーポンコードが定める割引額相当を支払わなければなりません。ただし、当該クーポン利用者の利用資格取消しが、サービス提供会社による本件キット発送前であれば、購入の取り消しとして、クーポン提供法人への当該クーポンコードが定める割引額相当の支払を免除することがあります。
    5. クーポン利用者は、受領したクーポンコードを第三者へ知らせてはいけません。なお、当該クーポン利用者の帰責によりクーポンコードが第三者に知られた場合(故意過失を問わず、インターネット上での開示など特定人以外への開示も含みます。)、当該クーポン利用者は、クーポンコードを知った第三者による本サービスの利用による損害(クーポンの割引額相当に限らず、本サービスにおける障害発生及び対応措置に伴う費用をも損害に含みます。)を賠償するものとします。


    無償利用特約

    「無償利用特約」(以下「本特約」といいます。)は、行政、法人及びその他団体等の第三者が、本サービスの購入費用の負担を行い、利用者が本サービスを無償で利用できるようにする場合に、当該検査機会を利用して本サービスを利用する全ての者(以下「無償特約利用者」といいます。)に適用される特約であり、他の規約・契約等に優先して適用されます。なお、「HELPO PCR検査パッケージ利用規約」において定義された用語は、別段の定めがない限り、本特約においても同様の意味で用いるものとします。

    1. 本特約において、本サービスの購入費用を無償特約利用者に代わり負担し、無償特約利用者に検査機会を提供する第三者を「検査機会提供者」といいます。また、検査機会提供者および検査機会提供者と協働して検査機会を提供する者として検査機会提供者が指定する第三者を併せて「検査機会提供者等」といいます。
    2. 検査機会提供者等は、本サービスの購入費用の負担並びに無償利用の案内及び利用申込方法の周知等(以下、無償利用の案内及び利用申込方法の周知等を併せて「周知等」といいます。)を行います。
    3. 無償特約利用者は、本利用規約、本特約および周知等に定めるその他の利用条件(以下、併せて「本利用規約等」といいます。)に同意の上、本利用規約等に従って、本サービスの申込みを行うものとします。無償特約利用者が周知等に従って本サービスの利用申込を実施した時点において、本利用規約等に同意したものとみなします。
    4. 本特約が適用となる場合、本利用規約を以下の各号に定めるところに従い読み替えて適用します。
      1. 本利用規約第4条第6項第一文
        [読み替え前] 本サービス購入後、本件キットは、購入時に指定された住所に配送・提供されます。
        [読み替え後] 本サービス購入後、本件キットは、無償特約利用者又は検査機会提供者等より指定された住所に配送・提供されます。
      2. 本利用規約第4項第8項第二文
        [読み替え前] なお、本件キットの使用期限は本サービス購入後2ヶ月間に限られます。
        [読み替え後] なお、本件キットの使用期限は本件キットの配送後2ヶ月間に限られます。
      3. 本利用規約第5条第1項
        [読み替え前] 本サービスを購入した者とサービス提供会社との間における本サービス利用契約は、当該購入者による本サービスの購入が完了した時点において成立するものとします。本サービスの購入は、購入を希望する者が本サービス購入の申込みの意思を表示し、サービス提供会社が承諾した時点において完了します。本サービスの購入費用の決済が実行された場合、当該決済実行の時点においてサービス提供会社による承諾がなされたものとみなします。
        [読み替え後] 無償特約利用者とサービス提供会社との間における本サービス利用契約は、当該無償特約利用者が本サービスの利用の申込みの意思を表示し、サービス提供会社が承諾した時点において完了します。無償特約利用者が本サービスの申込みの意思を表示した場合、サービス提供会社が当該申込み商品の発送または商品発送通知を行なった時点において承諾がなされたものとみなします。
    5. 検査機会提供者等による周知等及び本サービスの利用条件において、無償特約利用者の氏名及び検査結果を含む個人情報を検査機会提供者等の第三者に提供する旨の記載がある場合、販売・管理会社は、個人情報を取得し、当該検査機会提供者等に提供します。なお、当該個人情報にかかる利用目的、第三者へ提供される際の個人データ項目及び提供方法、並びに第三者提供の停止条件と停止方法については、検査機会提供者等による周知等において通知されます。
    6. 販売・管理会社は、無償特約利用者が本サービスの一部の利用を開始した後において、当該無償特約利用者が本利用規約等に定める利用条件を具備していない又は具備しなくなる見込みがある場合、本利用規約第8条に基づき本サービスの利用資格を直ちに取り消し、一方的に本サービス利用契約を終了させることができるものとします。無償特約利用者が本利用規約等に定める利用条件を具備していないことが判明した場合、当該無償特約利用者は、本サービスの購入費用を自ら負担しなければなりません。
    7. 7. 本利用規約第4条第2項の定めにかかわらず、本特約に基づき本サービスの無償利用が認められるのは、本利用規約等に定める利用条件に合致し、かつ、周知等を受領した当人に限られます。当該周知等を受領した者(以下「周知等受領者」といいます。)は、親族を含む第三者に対して、当該周知等を提供したり知らせたりしてはいけません。なお、当該周知等が周知等受領者の帰責により親族を含む第三者に知られた場合(故意過失を問わず、インターネット上での開示など特定人以外への開示も含みます。)、当該周知等受領者は、周知等を知った第三者による本サービスの利用に伴う損害(サービス購入費用相当額に限らず、本サービスにおける障害発生及び対応措置に伴う費用も含みます。)を賠償するものとします。


    団体検査特約

    「団体検査特約」は、無償利用特約が適用となる場合であって、かつ、主催団体又は管理団体(以下、併せて「管理団体」といいます。)において集合検査が行われる場合に適用され、無償利用特約と共に、他の規約・契約等に優先して適用されます。なお、「HELPO PCR検査パッケージ利用規約」において定義された用語は、別段の定めがない限り、団体検査特約においても同様の意味で用いるものとします。

    1. 利用者は、集合検査に参加し、本件キットを受領したことをもって、「HELPO PCR検査パッケージ利用規約」(「無償利用特約」および「団体検査特約」を含みます。)並びに集合検査において管理団体等が周知した参加条件(以下、併せて「本利用規約等」といいます。)に同意したものとみなします。
    2. 団体検査特約が適用となる場合、唾液採取日の管理は管理団体が行います。
    3. 利用者は、唾液採取日の登録および検査結果の確認等のためにスマートフォン向けアプリケーション「HELPO」の利用登録又は別途提供するwebフォームによる利用登録が必要です。なお、「HELPO」の利用登録にあたり当該アプリケーション内で表示される同意事項について、本利用規約等に記載の事項と齟齬がある場合には本利用規約等が優先して適用されます。
    4. webフォームによる利用登録の場合、「HELPO」および「HELPO」を用いたサービスの提供はありません。

    改訂

    令和3年 2月3日 策定

    令和3年 6月9日 改定

    令和3年 10月22日 改定

    令和4年 1月26日 改定

    令和4年 3月23日 改定


    PCR検査業務支援サービス利用規約

    PCR検査業務支援サービス利用規約(以下「本規約」といいます。)は、ヘルスケアテクノロジーズ株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する本サービス(第1条(定義及び提供サービス)に規定します。)を利用する全ての方(以下、「利用者」といいます。)に適用される条件を定めたものです。本サービスを利用する場合は、本規約の内容を必ず事前にご確認いただき、ご同意の上ご利用ください。本規約にご同意いただくことができない場合は、本サービスを利用することはできません。利用者は常に本規約の最新版をご確認ください。

    第1条(定義及び提供サービス)

    1. 「本サービス」とは、当社が「PCR検査業務支援サービス」の名称の下で提供するサービスをいい、唾液内の新型コロナウイルスの有無を判別するためにPCR検査を実施する会社(以下「検査会社」といいます。)と利用者が所属する法人(以下、「利用法人」といいます。)との契約により行われる検査(以下「本検査」といいます。)について、利用法人が行うべき利用者データの管理、利用者からの同意取得、検査会社への検査申込、及び利用者への結果の開示を当社が代行するサービスです。
    2. 「データ管理」とは、検査日時、検体情報、及び検査結果の管理、利用者情報の管理、並びに、これらの情報のデータベース上における紐づけ管理等をいいます。
    3. 「ライセンス」とは、当社と利用法人の契約により発生する利用者が本サービスを利用できる権利をいいます。
    4. 「検査データ」とは、検査会社にて実施された検査の結果をいいます。なお、検査会社は、利用者情報を保有しないため、利用者情報と検査の結果を紐づけられません。
    5. 「検査結果」とは、検査データに応じて利用者へ通知する情報をいいます。なお、利用者への通知方法は事前に利用法人が定めます。
    6. 当社は理由の如何を問わず、利用者に事前の告知をすることなく、本サービスの内容の一部又は全部の変更及び追加をすることができるものとします。当社は、本項に基づき当社が行った措置により利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

    第2条(本規約の適用)

    1. 本規約は、本サービスの利用に関する当社と利用者との間の権利義務関係を定めることを目的とし、利用者と当社の間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
    2. 本規約は、他の口頭又は書面による合意に優先するものとします。本規約に優先する旨を特記した書面による合意は、本規約に優先するものとします。
    3. 当社は、利用者の事前の承諾を得ることなく、本規約を変更できるものとし、本サービスのサイト上に全文を掲載することで直ちに発効し、全ての利用者に適用されるものとします。
    4. 利用者は、常に自身の責任で、本サービスを利用する前に本規約の最新版を読み、本規約に同意の上、本サービスを利用するものとします。利用者が本サービスを利用した場合、本規約に同意して利用したものとみなすものとします。
    5. その他、当社が本サービスのサイト内で提示する利用上の諸注意、利用に関する説明、ガイドライン等が存在する場合、同諸注意等は本規約の一部を構成及び補完するものとします。本規約の条項と諸注意等の条項が異なる場合には、本規約の条項が優先して効力を有するものとします。

    第3条(サービスの利用について)

    (HELPOを用いた本サービスの利用について)

    1. 当社は、「HELPO」のアプリケーションを用いて本サービスを提供します。
    2. 「HELPO」を用いた本サービスの利用において、主に検査同意事項の提示、検査枠の申し込み、データ管理、検査結果の表示等の機能を提供するものとします。
    3. 利用者は、「HELPO」の利用に際し、別途「HELPOサービス利用規約」への同意が必要になります。

    (Webフォームを用いた本サービスの利用について)

    1. 当社は、外部サービスを用いたWebフォームにより本サービスを提供します。
    2. Webフォームを用いた本サービスの利用において、主に検査同意事項の提示、データ管理等の機能を提供するものとします。

    (検査の受検資格について)

    1. 利用者は、本検査の受検に際し、検査会社が定める利用規約(https://healthcare-tech.co.jp/pcrinfo/cvic_tou.pdf)及びプライバシーポリシー(https://sbcvic.jp/privacypolicy/)、並びに当社が定める本規約及びプライバシーポリシーへの同意が必要となります。
    2. 検査会社の定めにより利用者が新型コロナウイルス感染症の診断を受けている場合、同感染症と診断された者との濃厚接触が疑われる場合、若しくは、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱、又は4日以上続く軽い風邪症状や微熱等の症状がある場合、本検査の利用を受け付けないことがあります。

    (検査への同意について)

    1. 利用者は、検査の申し込みに際し、検査に関する同意事項について利用法人に対し同意が必要となります。

    (検査枠の申し込みについて)

    1. 利用者は、予め利用法人が定めた検査枠から検査を申し込むことができます。
    2. 申し込みの完了後も検査枠のキャンセルは可能ですが、検体提出後において検査枠のキャンセルはできません。
    3. 申し込んだ検査日が過ぎてもアプリ上から検査手続きを完了しなかった場合、その申し込み枠は自動でキャンセルされます。

    (検査キット及び検査結果について)

    1. 検査キット及び利用者情報と紐づけられていない検査データは検査会社の責任において提供されます。
    2. 当社は、検査結果をHELPO上で利用者へ通知します。なお、検査結果の通知方法は、利用法人が事前に定めた方法となります。
    3. 本検査の結果によって新型コロナウイルス感染症罹患の有無が分かるものではありません。

    第4条(検査申込)

    1. HELPOを用いて本サービスを利用する場合、利用希望者は、本規約に同意し、当社の提供するHELPOアプリ上で検査申込手続に従って検査を申し込むものとし、検査の申し込みが完了した時点で本サービスの利用に関する契約(以下、「本契約」といいます。)が締結され、利用者となるものとします。また、Webフォームを用いて本サービスを利用する場合、Webフォーム内で同意事項に同意し利用者情報を入力した時点で本契約が締結されるものとします。
    2. HELPOを用いて本サービスを利用する場合、利用者は、所定の手順により検査申込のキャンセルができます。また、Webフォームを用いて本サービスを利用する場合、利用者はWebフォームの送信を行わず検査手続きを中断することにより検査申込のキャンセルができます。なお、HELPOを用いて本サービスを利用する場合において検査申込のキャンセルについて所定の手順が完了した時点、Webフォームを用いて本サービスを利用する場合において検査手続きを中断した時点、又は所定の手順によらず利用者が当社に対し受検が完了した検査に関する契約の解除を申し込み、かつ、当社がこれを承諾した時点において、本契約は解除されるものとします。
    3. 当社が利用希望者に検査受検の要する要件(当社と第三者の間に締結された利用希望者に関する別の契約等によって定められる要件を含む)を満たさない場合、若しくは申し込み情報に不備又は虚偽等があると当社により判断した場合、当社は、事前の告知・理由の開示無く、本契約を解除できるものとします。
    4. 本契約が解除されず、利用者が検査結果を閲覧可能な状態にある限り、本契約は有効であるものとします。
    5. 利用法人が当社に対し契約の解除を申し込み、当社がこれを承諾した時点、又は利用法人が申し込んだ所定の利用期間が経過し、利用者に対する検査結果の通知が終了した時点において、本契約は終了するものとします。
    6. 本契約の終了の時点において、利用者は本サービス利用に関する一切の権利を放棄するものとし、本契約終了後、利用者は自己の検査結果を閲覧することができません。また、当社は、利用者の検査情報
    7. (申し込み日時及び検査データ)、利用者情報その他の情報を本契約終了後も保存していたとしても、当該情報を保存する義務を負わず、いつでも当該情報を削除でき、再契約をした場合であっても当該情報を復元させる義務を負わないものとします。
    8. 利用者は、検査申込により享受しうる権利について、譲渡、貸与、名義変更、担保供与、その他第三者の利用に供する行為をすることはできないものとします。
    9. 本サービスの利用に必要な端末やソフトウェア、通信にかかる一切の準備と費用について、利用者は自己責任と自己負担において行うものとします。
    10. 利用者が未成年の場合、本サービスの利用に際し、親権者または後見人の承諾が必要となります。なお、当社は、本サービス内で利用可能なサービスまたは付帯サービスに年齢制限をかける場合があります。

    第5条(HELPOを用いた本サービスの利用について)

    1. 利用者がHELPOを用いて行う検査にかかる同意及び申し込みは、利用者と利用法人との間で行われるものであり、当社は、当該行為に関する一切の責任を負いません。
    2. 検査申込完了後、申し込み情報及び検査にあたっての諸注意を記載した電子的通知が当社より送られます。利用者は、当該通知に記載された諸注意を確認するものとします。
    3. 利用者は、申し込みを行った検査予定日に、HELPO上より検査手続きを行った上で検体採取を行ってください。なお、当該検査手続きを実施しなかった場合、本契約が解除されるものとします。
    4. HELPO上における検査日の設定に誤りがあり、この誤りにより利用者及び利用法人へ不利益が生じたとしても、当社は理由の如何を問わず利用者及び利用法人の不利益に対して何ら責任を負わないものとします。
    5. 利用者は、事前に利用法人管理者から通知された事柄及び本サービスでの本申込完了後に送付される電子的通知内に記載された諸注意を必ず遵守して検査を行うものとします。
    6. 本サービスでは、HELPO内の機能を用いて検体に貼り付ける二次元バーコードと利用者情報を紐付けます。その際、異なる二次元バーコードの読み取り、二次元バーコードの読み取りエラー、又は本サービスへ取り込んだ情報の修正変更等、正しく検体と利用者情報の紐づけが行えない状態にある場合、利用者の責の有無に関わらず、当社は利用者に対し検査結果を通知しないことがあります。
    7. HELPO内の機能ではないその他の方法により利用者が二次元バーコードを読み取って検査を完了した場合、利用者が本契約による権利を放棄したものとみなします。
    8. 利用者が本契約による権利を放棄した場合、当社は当該利用者に対する本サービスの提供を停止することができるものとします。なお、利用者が本契約による権利を放棄したとしても、利用法人は当該利用者の検査データを知る権利を有し、当社は利用法人へ検査結果を通知するものとします。

    第6条(Webフォームを用いた本サービスの利用について)

    1. Webフォームを用いた本サービスの利用は、事前に予約を行うものではなく、検査当日に検査会場にて利用するものです。
    2. 利用者がWebフォームを用いて行う検査にかかる同意及び申し込みは、利用者と利用法人との間で行われるものであり、当社は、当該行為に関する一切の責任を負いません。
    3. Webフォームを用いた本サービスにおいて、検体と利用者を紐付け管理することが主たる目的であり、検査結果は、利用法人へのみ通知され、利用者へ通知されるものではありません。
    4. 利用者は、検査実施にあたって必ずWebフォーム内の手順に則り検体採取を行うものとします。なお、当該検査手順を遵守しなかった場合、本契約が解除されるものとします。
    5. Webフォーム内の入力事項に誤りがあり、この誤りにより利用者及び利用法人へ不利益が生じたとしても、当社は利用者及び利用法人の不利益に対して何ら責任を負わないものとします。
    6. 本サービスでは、Webフォームを用いて検体に貼り付ける二次元バーコードと利用者情報を紐付けます。その際、異なる二次元バーコードの読み取り、二次元バーコードの読み取りエラー、又は本サービスへ取り込んだ情報の修正変更等、正しく検体と利用者情報の紐づけが行えない状態にある場合、利用者の責の有無に関わらず、当社は利用法人に対し検査結果を通知しないことがあります。
    7. 利用者が二次元バーコードを読み取る方法及び能力を有していない場合に生じる、利用者及び利用法人の不利益について、当社は一切の責任を負いません。

    第7条(登録情報・個人情報の取り扱い)

    1. 利用者は、メールアドレスその他、当社に登録している登録情報に変更が生じた場合、当社が提供する手続により、速やかに当社に届け出るものとします。
    2. 当社は、利用者の個人情報について、当社のプライバシーポリシーに基づき取り扱うものとします。また利用者は、当該プライバシーポリシーに従って当社が個人情報を取扱うことについて同意するものとし、これに異議を述べないものとします。
    3. パートナー企業を含む第三者のサービスの利用に付随して提供された利用者情報の管理は、当該第三者の責任において行われるものとします。

    第8条(本サービスの停止等)

    1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。
      1. 本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
      2. コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
      3. 火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
      4. その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合
    2. 当社は、当社の都合により、本サービスの提供を終了することができます。この場合、当社は利用者に事前に通知するものとします。

    第9条(利用者資格の取消等)

    1. 利用者が以下の各号の一に該当する場合、当社は事前に通知することなく、直ちに利用資格を取り消し、一方的に本契約を終了させることができるものとします。
      1. 利用登録に要する要件(当社と第三者の間に締結された利用希望者に関する別の契約等によって定められる要件を含む)を具備していない又は具備しなくなる見込みがある場合
      2. 第12条で定める禁止行為を行った場合
      3. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
      4. 利用者情報に虚偽の事実があることが判明した場合
      5. 利用者において、決済を利用する上で必要となる契約が解除された場合
      6. 本規約又はサイト内に提示するルールやマナーに違反した場合
      7. 当社、他の利用者又は第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用した、又は利用しようとした場合
      8. 手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合
      9. 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味する。以下同じ)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
      10. SNSを始めインターネット上への本サービスに関する情報や写真等を掲載する行為を行なった場合
      11. その他利用者として不適切と当社が判断した場合
    2. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、利用者は、当社に対して負っている一切の債務について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。なお、当社は既に支払われた料金等を一切払い戻ししないものとします。
    3. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。
    4. 本契約が終了した場合、利用者は、当社の指示に基づき、当社から提供を受けた本サービスに関連するソフトウェア、マニュアルその他の物につき、返還、廃棄その他の処分を行うものとします。

    第10条(検査結果に関する責任範囲)

    1. 本サービスにおける検査結果は、あくまで検査会社より提供された検査データに応じ、事前に利用法人が定めた情報を利用者へ通知することによる、安全な職場環境の維持及び従業員の健康管理並びに事業の円滑な運営を目的としており、診療・診断又はこれに準ずる行為はサービス内容に含まないものとします。利用者は自己の責任において本サービスを利用し、医療機関の受診や薬の服用等は、自身の判断で行うものとします。
    2. 本サービスの利用、検査結果により何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも、当社はそれに対し一切の責任を負うことができません。
    3. 利用者は、本サービスの利用にあたり、検査に関する感度や特異度をはじめとする、一切の情報の開示を求めることはできないものとします。

    第11条(著作権等)

    1. 本サービスに関する知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含む)を意味する)の全ては、当社又は当社に知的財産権の使用を許諾している者(以下、「知的財産権者」といいます。)に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の譲渡又は使用許諾を意味するものではありません。利用者は、いかなる理由によっても知的財産権者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含むが、これらに限定されない)をしないものとし、利用者は、知的財産権者の許諾を得ないで、いかなる方法においても本サービスを通じて提供されるいかなるコンテンツ及び情報も、著作権法で定める利用者個人の私的使用の範囲外の使用をすることはできないものとします。
    2. 利用者は、知的財産権者の許諾を得ないで、いかなる方法においても、第三者をして本サービスを通じて提供されるいかなる情報も使用させたり、公開させたりすることはできないものとします。

    第12条 (禁止事項)

    1. 利用者は、本サービスの利用にあたって以下の行為を行ってはならないものとします。
      1. 当社、他の利用者又は第三者の知的財産権その他の権利を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
      2. 当社、他の利用者又は第三者の財産若しくはプライバシーを侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
      3. 個人の実名、メールアドレス、住所、電話番号など個人情報を公開する行為、又はそのおそれのある行為
      4. 罵詈雑言等、当社、他の利用者又は第三者を誹謗中傷する行為、又はそのおそれのある行為
      5. 当社、他の利用者又は第三者の名誉や信用を毀損する、若しくはそれらを助長する行為、又はそのおそれのある行為
      6. 当社、他の利用者又は第三者に嫌悪感を与える行為、又はそのおそれのある行為
      7. 民族的、人種、信条、性別、社会的身分若しくは門地等による差別、その他差別につながる行為、又はそのおそれのある行為
      8. 当社、他の利用者又は第三者に不利益若しくは経済的損害、精神的損害を与える行為、又はそれらのおそれのある行為
      9. 公序良俗に反する行為若しくはそのおそれのある行為、又は公序良俗に反する情報を他の利用者、当社若しくは第三者に提供する行為
      10. 暴力表現、違法活動への勧誘、又はそのおそれのある行為
      11. 犯罪的行為若しくは犯罪的行為に結びつく行為、又はそのおそれのある行為
      12. 自殺又は死を誘発する行為、又はそのおそれのある行為
      13. ストーキング行為等、方法の如何を問わず嫌がらせをする行為、又はそのおそれのある行為
      14. 猥褻な情報又は青少年に有害な情報を送信する行為、又はそのおそれのある行為
      15. 異性交際に関する情報を送信する行為、又はそのおそれのある行為
      16. 選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動又はこれに類似する行為
      17. 事実に反する、又はそのおそれのある情報を提供する行為
      18. 当社の承認なく、本サービスを通じて、若しくは本サービスに関連して営利を目的とした行為、又はその準備を目的とした行為
      19. 本サービス又は当社の信用を毀損する行為、又はそのおそれのある行為
      20. 本サービスの運営を妨げる行為、又はそのおそれのある行為
      21. メールアドレス、パスワード、又は招待コードを不正に使用する行為
      22. 他人になりすまして本サービスを利用する行為(自分以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらず会社などの組織の代表者や代理人を名乗ったり又は他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりする行為)
      23. 特定個人名、施設名等、個人の特定につながる情報の掲載行為、又はそのおそれのある行為
      24. コンピューターウィルス等有害なプログラムを、本サービスを通じて、又は本サービスに関連して使用し、若しくは提供する行為
      25. いわゆる「スパム」あるいは大量メールの書き込み、作成、又は頒布をする行為
      26. 画像、動画、音楽、ソフトウェアなどのファイルダウンロード専用を目的としたリンクの作成や、他のページ(本サービス内外を問わず)へのリンクを投稿するためだけに本サービスを利用する行為
      27. 勧誘あるいは広告の掲載行為
      28. 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、又はこれを勧誘する行為
      29. 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に違反する、健康食品や健康器具の効能をうたう行為
      30. その他、商用行為に該当する行為
      31. その他、法令に違反する、又は違反するおそれのある行為
      32. 本件検査の結果に基づく利用法人から利用者に対する差別又は不当な扱いに相当する行為
      33. SNSを始めインターネット上への本サービスに関する情報や写真等を掲載する行為
      34. その他、当社が不適切と判断する行為
    2. 当社は、本サービスにおける利用者の行為が前項各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると当社が判断した場合には、利用者に事前に通知することなく、情報の全部又は一部の削除、本サービスの利用の停止、利用者資格の取消又は本契約を解除することができるものとします。当社は、本項に基づき当社が行った措置により利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

    第13条(免責)

    1. 当社は本サービスの内容、及び利用者が本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行わないものとします。
    2. 当社はいかなる場合にも、利用者に対して、本サービスにおいて提供される情報の誤り、不正確、脱漏、欠陥、遅延等に基づく損害に対して、いかなる責任も負わないものとします。
    3. 利用者の入力したデータその他の情報の誤りに起因して、利用者に損害が生じた場合でも、当社は当該損害について一切の責任を負いません。
    4. 利用者が当社から直接又は間接に、本サービス、本サービスの他の利用者その他の事項に関する何らかの情報を得た場合であっても、当社は利用者に対し本規約において規定されている内容を超えて如何なる保証も行うものではありません。
    5. 本検査は検査会社より提供されるサービスであり、利用者は検査会社が提供する利用規約及びプライバシーポリシーに同意の上で、本サービスを用いて検査を実施するものとし、検査及び検査会社より提供されるサービス並びに検査に関して当社以外の第三者より提供されるサービスにおいて生じる取引において、当社は関与しないものであり、かかる取引において生じた一切の不利益や損害等について、当社は一切責任を負いません。
    6. 本サービスに関連して利用者と他の利用者又は第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、利用者の責任において処理及び解決するものとし、当社はかかる事項について一切責任を負いません。
    7. 本サービスから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから本サービスへのリンクが提供されている場合でも、当社は、本サービス以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関して如何なる理由に基づいても一切の責任を負わないものとします。
    8. 本サービスの提供、遅滞、変更、中止若しくは廃止、本サービスを通じて登録、提供される情報等の流失若しくは消失等、又はその他本サービスに関連して発生した利用者の損害について、当社は本規約にて明示的に定める以外、一切責任を負わないものとします。消費者契約法の適用その他の理由により当社が利用者に対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の賠償責任は、損害の事由の生じた時点から遡って過去6ヶ月間に当社が現実に受領した本サービスの利用料金の総額を上限とします。

    第14条(秘密保持)

    1. 本規約において「秘密情報」とは、本契約又は本サービスに関連して、利用者が、当社より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知り得た、当社の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。但し、以下に該当するものは、秘密情報から除外するものとします。
      1. 当社から提供若しくは開示がなされたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は既に知得していたもの
      2. 当社から提供若しくは開示又は知得した後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの
      3. 提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの
      4. 秘密情報によることなく単独で開発したもの
      5. 当社から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたもの
    2. 利用者は、秘密情報を本サービスの利用の目的のみに利用するとともに、当社の書面による承諾なしに第三者に当社の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。
    3. 第2項の定めにかかわらず、利用者は、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を当社に通知しなければなりません。
    4. 利用者は、秘密情報を記載した文書又は磁気記録媒体等を複製する場合には、事前に当社の書面による承諾を得ることとし、複製物の管理については第2項に準じて厳重に行うものとします。
    5. 利用者は、当社から求められた場合にはいつでも、遅滞なく、当社の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物及びその全ての複製物を返却又は廃棄しなければなりません。

    第15条(本規約の譲渡等)

    1. 利用者は、当社の書面による事前の承諾なく、本契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
    2. 当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに利用者の登録情報その他の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

    第16条(存続規定)

    第10条から第11条まで、13条、14条、17条並びに18条の規定は本契約の終了後も有効に存続するものとします。

    第17条(準拠法)

    本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

    第18条(協議・管轄)

    1. 本サービスに関連して、利用者と当社の間で問題が生じた場合には、利用者と当社で誠意をもって協議するものとします。
    2. 本サービスに関連して、利用者と当社との間で訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とするものとします。

    改訂

    令和2年 10月15日  策定